フジ番組「タイキョの瞬間」弁護士らが疑問視する手錠シーン。入管法改正国会を前に

10月24日に召集される臨時国会では、外国人の新たな在留資格を創設する入管法改正をめぐる論戦が焦点となりそうだ。人手不足と外国人労働者の増加に注目が集まる中、フジテレビ番組「タイキョの瞬間!」に対し、弁護士らは意見書を送った。何を問題ととらえたのだろうか。

投稿者:小島寛明 投稿日時:

フジテレビ「タイキョの瞬間!」だけでは語りきれない不法就労外国人

不法就労する外国人の摘発を追った番組がフジテレビの番組が、「外国人への差別を助長する」「入管のPR番組だ」と、ネット上では批判されている。仕事を求めて来日し、不法滞在となった外国人たちは一律に語れるか。東京入管に収容された外国人たちの面会を続ける大学生に同行した。

投稿者:小島寛明 投稿日時:

ネパール人男性はなぜ死んだ。「移民」はいないが外国人労働者に頼る日本といびつな入管制度

2017年3月、検察官の取り調べ中にネパール人の男性が死亡した。この数年、国内の多くの業種で人手が不足。そんな日本でなぜ、働くために来日した外国人が仕事も住居も失ったのか。男性の足取りをたどると、「移民」はいないとする、この国の出入国管理制度のいびつさが浮かんできた。

投稿者:小島寛明 投稿日時:

ネタと引き換えに性的関係求めた県警幹部、目立つ警察のセクハラ——メディア女性被害

Business Insider Japanは財務省のセクハラ問題を受け、メディアで働く女性を対象にセクハラ被害のアンケートを行った。ほとんどの女性がセクハラ被害にあいながらも声を上げられずにいる理由は何か。そしてなぜ警察によるセクハラが多いのか。実態を報告する。

投稿者:竹下 郁子 投稿日時:

「男性記者は私を差し出した」メディアの女性たちが声を上げられない理由

財務事務次官のセクハラ問題では、テレビ朝日が自社の女性社員が被害を受けたと発表。一方で、女性の訴えを上司が黙殺しようとしたことも明らかになった。メディアで働く女性たちは日々ひどいセクハラにあいながらも告発できないのはなぜなのか。

投稿者:竹下 郁子 投稿日時: