もう母国には帰れない。外国人受け入れ拡大の影で不法残留への厳罰化

人手不足の解消策としての外国人労働者たちに注目が集まるが、こうした流れから、取り残されたまま、日本で生活を続ける外国人たちがいる。不法残留などの理由で、入管の施設に収容され、何らかの理由で収容を解かれた「仮放免者」と呼ばれる人たちだ。

投稿者:小島寛明 投稿日時: