JR西日本Gがモバイルオーダーのベンチャーに“数億円”出資。JR東・西・九州3社での本格キャッシュレス実証へ

JR西日本グループがモバイルオーダープラットフォームを展開するベンチャー、ショーケース・ギグに数億円規模の出資を決めた。JRグループとショーケース社の資本業務提携は東、九州に続き3社目。JRのねらいとは?

投稿者:伊藤 有 投稿日時:

楽天モバイル「新規参入」の“つまずき”は総務省の失策。結局、国民の「通信負担」は1円も安くなってない

10月1日から「第4のキャリア」として参入するはずだった楽天モバイルが、いきなりつまずいた。無料で開始とはしたものの、その内情は5000人で行う本格開始に向けたフィールドテストだ。官房長官、総務省はメンツを潰された形だが、一度ここで冷静に考えてほしい。ここまで引っ掻きまわしてきて、国民の通信量負担は、結局1円も安くなっていないのだ。

投稿者:石川 温 投稿日時:

楽天・三木谷社長「慎重を重ねてスタートする」キャリア参入、5000人限定「無料サポータープログラム」とは?

楽天モバイルは10月1日からのキャリア事業新規参入に向けて、サービスの詳細を発表した。8月の決算発表で明らかにしていた「スモールローンチになる」との見通しのとおり、当初は利用者を5000人に限定した無料サービスとしてスタートする。

投稿者:太田百合子 投稿日時:

「救急車タクシー問題を解決」夜間往診サービス“ファストドクター”がスタートアップの登竜門で優勝【ICC KYOTO 2019】

京都で開催中のベンチャーカンファレンスICC KYOTO。初日の登竜門的ピッチバトル「スタートアップカタパルト」を勝ち抜いたのは、夜間・休日往診支援サービス「ファストドクター」を起業した菊池亮さんだ。

投稿者:伊藤 有 投稿日時:

ベンチャー・リンクの遺伝子に学ぶ「PDCAサイクル」を本気で定着させる方法

覆面調査サービス「ファンくる」を運営するROIは、ベンチャー企業「50人の壁」に直面した。いつの間にか生じていたセクショナリズム。危機感を抱いた益子雄児社長は、リーダー層を育成するために何をしたのか。会議型の人材育成法で、組織が活力を取り戻すまでの1年を振り返る。

「旅しながら働く」岩佐大輝が語る快適な移動の秘訣

「ミガキイチゴ」のブランド化を成功させた岩佐大輝さんは今、インドやマレーシア、ヨルダンでもイチゴの生産を支援している。東京と山元町(宮城県)での2拠点生活、年間60〜70日の海外出張……。移動の多い毎日を効率化する工夫を岩佐さんに聞いた。