テレグラム、過去最大規模のICOでローンチ延期を計画 仮想通貨Gramで投資家に新たな提案

テレグラム 投資家にGramに関する提案人気コミュニケーションアプリ「テレグラム」は、独自発行のGramトークンの投資家に対して、Gramの交付とTONネットワークのローンチを延長する計画を伝えていることがわかった。Coindeskなどが入…

投稿者:菊谷ルイス 投稿日時:

米CFTC・SEC・FinCEN 仮想通貨などについて異例の共同声明を発表

米規制機関が異例の共同声明米国主要金融規制機関の商品先物取引委員会、財務省金融犯罪取締ネットワーク、証券取引委員会は、仮想通貨を初めとするデジタル資産の市場参加者に対し、共同声明を発表。AMLやテロ資金供与防止の義務を伝えることが目的。米規…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

リップル社が世界的大手フィンテック企業と提携 「リップルネット」利用の相互利益を強化

リップル社が世界的大手フィンテック企業と提携リップル社が大手金融テクノロジー企業「Finastra」とのパートナーシップを発表。世界中の銀行等の金融機関に9千以上のクライアント企業を持つ同社との提携によって、リップルネットが更に拡大すると見…

投稿者:K.Utashima 投稿日時:

米グレースケール、機関投資家のアルトコイン投資増し Q2投資額が2倍に 

グレースケール社の調達規模が2倍に拡大米グレースケール社は、Q2に総額約8500万ドルを調達し、そのうち84%を機関投資家から調達した。同社役員は、機関投資家が参入していないのは「作り話」に過ぎないと指摘。グレースケール社の調達規模が2倍に…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

メキシコ関連の仮想通貨XRP(リップル)取引で違和感 xRapidの実利用が影響との見方も

メキシコ関連のXRP取引で違和感仮想通貨XRP(リップル)の取引を提供するメキシコの取引所Bitsoへのトランザクションや取引所における出来高増加が、xRapidにおける取引仲介に伴うものではないかとの指摘が行われている。出来高増加の報告を…

投稿者:各務貴仁 投稿日時:

仮想通貨リブラの事業計画表が初公開 メインネットローンチに必要な4つの目標点

リブラのロードマップ初公開「リブラ協会」は初めて仮想通貨リブラのロードマップを公開した。専用ウォレット「Calibra」のチームがメインネットローンチまでどのように関わっていくか、ノードの運営方法などが記載されている。リブラのロードマップ初…

投稿者:菊谷ルイス 投稿日時:

カリフォルニア版ビットライセンスに強い警戒感、大手仮想通貨関連企業を追い出すおそれ

カリフォルニア版「ビットライセンス」米カリフォルニアの新ライセンス法案を阻止するため、新たな仮想通貨擁護団体が誕生した。コインベースやRipple社が本拠を構える同州で、NY州のように大手仮想通貨企業を追い出す恐れがあると懸念している。カリ…

投稿者:幸田直子 投稿日時:

今後のBTC市場を読み解く、「採掘レート・半減期」仮想通貨特有要因に潜む裏事情

仮想通貨特有要因から見る今後の市場ビットコインマイニングや半減期、仮想通貨の特有要因の裏側。マイナーが要因となる暴落は再び来るのか、ハッシュレートや業者の動きから今後の展望を読み解く。仮想通貨特有要因から見る今後の市場低迷する仮想通貨市場に…

投稿者:各務貴仁 投稿日時:

金融庁長官、仮想通貨に関連したグローバル対応やブロックチェーン国際会議の主催に言及|フィンサム2019

金融庁・遠藤長官発言要旨金融庁長官は東京で開催中のFIN/SUM2019にて、暗号資産に関連したグローバル対応などを進めるとともに、G20議長国としてブロックチェーンラウンドテーブルなどの国際会議を主催する」などと言及した。金融庁・遠藤長官…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

「直近のビットコイン市場に懸念」米経済番組でブライアン・ケリー氏が指摘

ブライアン・ケリーが指摘するBTC市場の懸念要素米CNBC経済番組でブライアン・ケリー氏は、新規参入を示す”とあるデータ”に変化が見られないと懸念点を指摘。その上で、「通常、反発の最終レッグは大きく強含みな売買となる。」などと次の上昇局面を…

投稿者:幸田直子 投稿日時:

FATF、対日審査スケジュールが10月28日~11月15日正式決定|仮想通貨市場にも大きな影響

FATF、対日審査スケジュールが正式決定金融活動作業部会(FATF)の日本審査の日程が、10月28日~11月15日の3週間にわたり行われることが正式に決定した。マネロン規制対象には仮想通貨交換業者も含まれ、日本の審査結果は20年夏に公表され…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

SBI 決算速報:仮想通貨取引所をSBI証券の傘下に、31日から「板取引」開始

SBI決算速報:仮想通貨取引所をSBI証券の傘下に、31日から「板取引」開始SBIホールディングスの北尾社長は、ビットコインなど仮想通貨市場高騰を背景に収益力強化につながったと言及。デジタルアセット関連事業のさらなる収益拡大に向けて、さまざ…

投稿者:Toshiyuki Hommatsu 投稿日時:

【速報】米上院、仮想通貨規制に関する公聴会を31日に開催|米規制で重要な発言が出る可能性も

米上院、仮想通貨規制に関する公聴会を31日に先週のリブラ公聴会に続き、日本時間31日には同上院銀行委員会が仮想通貨の規制に関する公聴会を開催する。リブラ同様に今後の国の方向性を模索する発言が行われる可能性があるが、業界の正当化や法案策定にお…

投稿者:菊谷ルイス 投稿日時:

米シンクタンクFDD、敵対4ヶ国の仮想通貨・ブロックチェーンを用いた制裁回避を指摘

「米国の敵対4ヶ国が仮想通貨を用いた制裁回避か」米シンクタンクFDDが指摘米シンクタンクは「暗号の悪党」と名付けられた最新報告書で、経済制裁国のイランやベネズエラなどが国家規模でブロックチェーン開発を行っている事実を深刻に受け止めるべきだと…

投稿者:各務貴仁 投稿日時:

仮想通貨取引所ビットポイントでハッキング被害、ビットコイン、リップル、イーサリアムなど35億円が不正流出

仮想通貨取引所ビットポイントがハッキング被害か国内大手仮想通貨取引所BITPointが、ビットコイン(BTC)など35億円相当の不正流出被害を発表した。流出したのは、ビットコイン(BTC)のほか、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライト…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

米連銀総裁「ビットコインはゴールドのように価値貯蔵手段」|米ドル準備通貨制度を弱める可能性も

米連銀総裁、BTCの役割を肯定か連邦準備制度理事会の総裁は米国会上院の公聴会にて、ビットコインをゴールドに比較した。仮想通貨が普及すれば国の準備通貨というシステムの必要性を無くす可能性を否定せず。FRB総裁「ビットコインはゴールドのように」…

投稿者:菊谷ルイス 投稿日時:

ビットコイン利用の高速決済サービスが発表|スターバックス、アマゾンなどで利用可能に

ビットコイン利用の新決済サービスが発表BTC決済サービスの開発を行う米スタートアップが、ライトニングネットワークを利用した決済アプリを発表した。アマゾンやスターバックスなどの人気小売店で利用できる。ビットコイン利用の高速決済サービスが発表B…

投稿者:a.sakamoto 投稿日時:

【V20速報】他国納税など仮想通貨の規制逃れを防ぐために|JBA会長の加納氏が世界基準の必要性を強調

JBA加納会長、仮想通貨規制の一貫性を重要視本日開幕した仮想通貨サミットV20に、bitFlyerBlockchain代表の加納氏が登壇。仮想通貨に係る規制の一貫した基準の制定を重視しながら、日本の規制体制について独自の見解を述べた。世界基…

投稿者:Noah Sakamaki 投稿日時:

ビットコインに対する中国国営メディアの見解が一変か|仮想通貨を逃避資産と位置付け

「ビットコインは逃避資産」中国政府の態度が一変か中国政府の国営通信社は、グローバル経済が減速する中、仮想通貨BTCが投資家の「逃避資産」として資金を引き寄せていると分析した。G20を控える米中政府における関税問題の進展が不透明な中、ビットコ…

投稿者:菊谷ルイス 投稿日時:

仮想通貨市場で過去最大級の「CMEビットコイン先物」LS比から紐解く、機関投資家の視点

米CMEのBTC先物、LS割合を比較6月第2週におけるCMEビットコイン先物の統計データが公表された。機関投資家はショートポジション偏重傾向にあり、アセットマネージャーはロングポジション偏重傾向にあったことが明らかになるなど興味深いデータが…

投稿者:Noah Sakamaki 投稿日時:

Bakktより早く現物決済ビットコイン先物が米国で誕生する可能性|米CFTCがLedgerXを指定契約市場として認定

現物決済BTC先物提供へ米CFTCが仮想通貨デリバティブを提供するLedgerX社を指定契約市場としての認定した。Bakktで高まる現物決済のビットコイン先物提供より先に誕生する可能性が浮上、市場への影響で重要ファンダメンタルズ要因に。ビッ…

投稿者:Noah Sakamaki 投稿日時:

ビットコインはまだ「バブル相場」ではない ヤフー投資アナリストが重要ラインと注目ポイントを解説

上昇継続するBTC相場、次の価格ターゲットはヤフーファイナンスの投資アナリストであるJaredBlikre氏が強い上昇トレンドを継続するビットコインは仮想通貨バブルではないと言及。11000ドルを突破した次点の目標価格を解説した。バブルでは…

投稿者:Noah Sakamaki 投稿日時:

財務省、FATF審査結果の監視対象国と採点資料を公開|銀行や仮想通貨のリスクを懸念

財務省、FATF資料で「銀行、仮想通貨、資金移動のリスク」を懸念財務省国際局は、各セクターを5段階評価した結果、銀行、仮想通貨、資金移動のリスクが相対的に高いとした。これまで審査が行われた23ヵ国中、イギリス、スペイン、イタリアなどの5カ国…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

「仮想通貨禁止」法案検討中のインドで、5万円相当のビットコイン価格乖離が発生した背景

印取引所、ビットコイン+5万円の価格乖離仮想通貨の全面禁止法案が検討されているインドの仮想通貨取引所にて、ビットコインなどの価格乖離が発生していることが判明した。法定通貨インド・ルピーの下落など、その背景を探る。インド取引所、約5万円の価格…

投稿者:Noah Sakamaki 投稿日時:

仮想通貨イーサリアム年初来最高値更新|次期大型アップデート、二つの新提案を承認

イーサリアム、二つの新提案を承認次期大型アップグレード「イスタンブール」に向け、二つの提案が承認。プリコンパイルとEVMのバージョン管理に関した機能となっている。ETH2.0に向けたプロセスが着実に前進。イーサリアム、二つの新提案を承認|3…

投稿者:a.sakamoto 投稿日時:

なぜフェイスブックの仮想通貨はビットコインと敵対しない?米投資アナリストが解説

ビットコインと仮想通貨リブラの違いフェイスブック社の仮想通貨リブラが誕生してもビットコインの優位性は保たれる。なぜ敵対しないか、ビットコインとの違いとリブラ普及の条件をブライアン・ケリー氏が解説した。ビットコインと新発表の仮想通貨リブラ|違…

投稿者:n.sakamaki 投稿日時:

『やっと企業が仮想通貨に注目する時代がきた』米投資アナリストがフェイスブック参入の重要性を解説

米投資アナリスト、仮想通貨リブラは「主要なステーブルコインとなる」トム・リー氏が、Facebookの仮想通貨発行はこれまで企業が『ブロックチェーン技術』のみを評価していた状況を変える事例となるとした上で、ビットコインとの共存や相場への影響を…

投稿者:n.sakamaki 投稿日時:

「フェイスブックの独自仮想通貨は業界にとって前向きだ」リップル社CEOがブルームバーグTVで語る

リップル社CEOがフェイスブック独自通貨との違いを説明マネーグラムとの提携を発表した直後のリップル社CEOのガーリングハウス氏が、ブルームバーグTVでフェイスブックの独自通貨について言及。業界にとって前向きな動きであるとの見解を示し、リップ…

投稿者:n.sakamaki 投稿日時:

米国初、ワイオミング州で土地登記をブロックチェーン上で管理|eコマース大手傘下企業と連携

米ワイオミング州、ブロックチェーンで土地情報を管理へ米大手eコマース企業Overstock社の関連企業が米国のワイオミング州ティトン郡の土地登記を独自のブロックチェーンプラットフォームで管理することを発表した。米国では初の事例となる。米国初…

投稿者:n.sakamaki 投稿日時:

フェイスブック独自通貨はビットコイン普及の起爆剤となるか|専門家が主張する根拠とは

専門家:フェイスブック独自通貨がビットコイン普及に繋がる世界有数の企業の高い関心も集めているフェイスブックの独自通貨が、長期的にはビットコイン普及を促進要因になると複数の専門家は考えている。ビットコインと「グローバルコイン」の違いを比較しつ…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

機関投資家の影響は「投資家が想定するより大きい」JPモルガンが仮想通貨市場構造の変化を指摘

ビットコイン先物、機関投資家|仮想通貨市場の市場構造は変化金融大手JPモルガンが、仮想通貨市場においてビットコイン先物や取引を行う機関投資家が与える影響は、一般投資家が想定するより大きいとの見解を示した。業界の市場構造が変化しているという。…

投稿者:n.sakamaki 投稿日時:

ビットコイン価格に先行?1億ドル相当のUSDTが新規発行 その相関性とは|仮想通貨朝市況

仮想通貨朝市況●ビットコイン100万円維持できず 最新市況●仮想通貨時価総額は30兆円に回復●1億ドル相当のUSDTが新規発行、価格との相関性とは?仮想通貨朝市況1年1ヶ月ぶりに大台「100万円」に達したビットコインは、一時102万円まで高…

投稿者:各務貴仁 投稿日時:

重要局面迎えるビットコイン、専門家が予測する今後のトレンド展開とは

重要局面迎えるビットコイン市場ビットコイン価格が下落前の水準にまで値を戻す中、一部専門家からは強気相場を示唆する考えもみられる。市場のトレンドに関して、彼らの見解をまとめた。重要局面迎えるビットコイン市場執筆時点でのビットコイン価格は94万…

投稿者:a.sakamoto 投稿日時:

機関投資家のビットコイン投資額が前四半期比2300%増加|グレイスケール社Q1仮想通貨レポート

ヘッジファンドのビットコイン投資が大幅増加大手仮想通貨投資企業グレイスケール社のQ1レポートによると、今年から機関投資家からのビットコイン投資が大幅に増加。相場が回復の兆しを示す中、顧客基盤に変化がみられた格好だ。ヘッジファンドのビットコイ…

投稿者:幸田直子 投稿日時:

韓国最大手の銀行が「仮想通貨の保管業務」に参入 韓国の巨大需要を支えるカストディの構築へ

韓国最大級銀行、カストディ提供に受け韓国最大手の國民銀行が仮想通貨カストディ事業参入に向けて締結したことが判明した銀行が仮想通貨の保管業務の一端を担う可能性が出てきたことを示す事例で、仮想通貨業界への影響も大きいとみられる。韓国大手銀行が仮…

投稿者:n.sakamaki 投稿日時:

G20、仮想通貨の技術革新とリスク保護の両立へ|財務大臣・中央銀行総裁会議が閉幕

G20財務大臣・中央銀行総裁会議6月8日から9日にかけて開催されたG20財務大臣・中央銀行総裁会議にて仮想通貨規制に関する具体的な議論が展開された。今後も技術革新とリスク保護の両立を可能にする規制策定に努めていく方針となった。G20財務大臣…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時: