音喜多駿議員「仮想通貨税制改革で日本を先進国へ」PoliPoliでプロジェクト発足

音喜多駿議員「仮想通貨税制改革で日本を先進国へ」今日の新着プロジェクトは、仮想通貨政策に関するプロジェクトです!ブロックチェーンはインターネットの以来の革命だとも言われていますが、その技術を用いた仮想通貨の規制には、問題が多々あるそうです。…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

米財務長官「5年以内デジタルドルの発行は不要」 仮想通貨リブラは規制遵守を前提に容認

米財務長官の発言ムニューシン米財務長官とジェローム・パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長には、デジタル版の米ドルを発行する意思はないようだ。下院金融サービス委員会の公聴会でムニューシン長官は、仮想通貨リブラと中国が発行を視野に入れている…

投稿者:Yonekura 投稿日時:

米国税庁IRSの仮想通貨取引所への取引記録請求は妥当=司法判断

ビットコイン取引の税務調査訴訟で司法判断米ワシントン州西部連邦地方裁判所は、個人の仮想通貨税務調査における訴訟で、内国歳入庁(IRS)が仮想通貨取引所に対し、申立人の取引データ請求を行ったことは妥当であるとの判断を下す一方で、申告年度に関連…

投稿者:幸田直子 投稿日時:

中国の仮想通貨取り締まり、2017年以来最大規模か 11月に5取引所が閉鎖=Bloomberg

中国の仮想通貨取り締まりの現状中国にある仮想通貨取引所の内、今月だけで少なくても5箇所が、営業停止や国内ユーザーへのサービス提供禁止の処分を受けていることが分かった。ブルームバーグが報じた。先月習近平国家主席が、国家としてブロックチェーン技…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

ハーバード大と米高官がデジタル通貨について討議、米政府の影響力低下を予測

ハーバード大学、デジタル通貨について討議ハーバードケネディスクールは今月、ホワイトハウス国家安全保障会議にて、ライブシミュレーションを実施し、デジタル通貨が普及した際に予期される国際問題のシナリオについて議論を行なった。それらシナリオの中に…

投稿者:a.sakamoto 投稿日時:

国内仮想通貨市場に深刻な危機感、ビットコイン(BTC)のレバレッジ2倍規制問題で

BTCのレバレッジ2倍規制をめぐり議論国内仮想通貨取引所の「BTCレバレッジ規制」をめぐり、金融庁の狙いは「レバレッジ上限2倍」と報じられたことで、大きな議論を巻き起こしている。現在は、金融庁認定の自主規制団体「JVCEA(一般社団法人日本…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

韓国で仮想通貨の規制強化改正案 公平な取引所運営環境の整備や未登録取引所の刑罰を強化

韓国、未登録取引所は刑事罰対象に韓国の国会議会問題修正小委員会は21日、特別金融取引情報法の改正案を可決した。中小規模の取引所にも公平な運営体制を整える代わりに、未登録取引所への罰則を強化する。改正案は国会に提出される予定だ。この改正による…

投稿者:K.Utashima 投稿日時:

米大統領選の候補者、前向きな仮想通貨規制を公約に 通貨定義や税制など

米大統領選の候補者、前向きな仮想通貨規制を公約に米国の大統領選挙に立候補するアンドリュー・ヤン氏が、前向きな仮想通貨規制を公約に掲げていることがわかった。21世紀のテック企業規制」とのタイトルでブログを公開した。仮想通貨やデジタル資産の市場…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

米連銀が警告「仮想通貨ステーブルコイン危機は金融システムを破壊し得る」

米連銀が警告米連銀(FRB)は15日に発表した米国の金融システムに関する報告書の中で、仮想通貨ステーブルコイン危機敗は金融システムに重大な影響を与えうるとし、慎重な通貨の設計と、規制の必要性を訴えた。レポートの中で、ステーブルコインは金融シ…

投稿者:t.tenporin 投稿日時:

中国IT巨頭が香港の「仮想銀行」許可を取得 ブロックチェーン利用の「ネット銀行」に

テンセントが「バーチャルバンク」の開業免許を取得中国ネット大手のテンセントのブロックチェーンビジネス責任者のWeigeCai氏は香港当局から「バーチャルバンク(仮想銀行)」の開業免許を得た。「バーチャルバンク」とは実店舗を持たずに営業を行う…

投稿者:Yonekura 投稿日時:

バーゼル銀行監督委員会、仮想通貨業界関係者との協議も視野に

仮想通貨のリスクへ対策国際規制組織バーゼル銀行監督委員会(BCBS)は、銀行など資本を貸付する機関が、仮想通貨の持つリスクに対応して、金融機関が保有しておくべき準備金の量を決定するために必要な手続きを進めていくことを明らかにした。また準備金…

投稿者:K.Utashima 投稿日時:

アジア仮想通貨市場に追い風か、香港金融庁が取引所のライセンスルール発表

香港金融庁の発表日本の金融庁に相当する香港証券先物委員会(SFC)は、取引所(取引プラットフォームも)やカストディ企業を含む仮想通貨関連事業のライセンスに関するルールを公表した。ルールでは、有価証券に該当しない仮想通貨と、それに当たるセキュ…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

証券監督者国際機構「仮想通貨ステーブルコインは、有価証券として規制可能だ」

ステーブルコインの規制証券監督者国際機構(IOSCO)が、米フェイスブック主導の仮想通貨リブラを初めとするステーブルコインの提案や発行は、既存の有価証券と同じ規制下で監督することができるとの見解を示した。IOSCOはスペインに本部を置く組織…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

英税務当局、BTCなどの仮想通貨を「通貨や証券ではない」と判断 印紙税から免除へ

英税務当局、BTCなどの仮想通貨を「通貨や証券ではない」と判断英国の税務当局は、企業向けの課税ガイダンスを公表し、先の個人向けガイドラインを補完。BTCなどの仮想通貨は、「通貨」もしくは「株式または市場性のある証券」とは見なさないと判断した…

投稿者:幸田直子 投稿日時:

中国、官民でブロックチェーン技術の開発 現在506のプロジェクトが登録

500の官民のブロックチェーンプロジェクトが中国政府に登録中国政府が主導するブロックチェーンプロジェクトの登録義務化以降、500プロジェクトが登録されていることがわかった。ブロックチェーンインフラを推進する政府の姿勢も明らかに。官民の大手機…

投稿者:Nakayasu 投稿日時:

アラブ首長国連邦、仮想通貨法で明日にも進展 証券該当トークンの区別化も

激増するブロックチェーン企業による資金調達 法整備による規律アラブ首長国連邦(UAE)の証券・商品委員会が公開した、同国初の暗号資産法案に関して、投資家を含む幅広い利害関係者から募集したパブリックコメントを明日29日に締め切る。原文とパブリ…

投稿者:Nakayasu 投稿日時:

米SECら4政府機関、世界的な金融イノベーションネットワークに加入 仮想通貨業界の追い風に

米主要4機関がフィンテック領域強化へ米国の証券取引委員会(SEC)、商品先物取引委員会(CFTC)、連邦預金保険公社(FDIC)、米国通貨監督局(OCC)の4政府機関は、世界的な金融イノベーションネットワーク(GFIN)に加入した。GFIN…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

仮想通貨推進派の米下院議員、仮想通貨業界における規制サンドボックス制度の必要性を語る

米下院議員、仮想通貨版規制緩和の法案を提出仮想通貨推進派の米下院議員が、提出した仮想通貨版の規制緩和について語った。緩和条件下で、仮想通貨の革新性がどのように社会目的を満たすかを評価しながら推進させる。仮想通貨推進派の米議員、規制のサンドボ…

投稿者:Nakayasu 投稿日時:

米議員、ステーブルコインを証券と分類する法案を提出 仮想通貨市場の重要法案に

ステーブルコインを証券とする法案を提出米国連邦議会下院に、ステーブルコインを1933年制定の米国証券法の下で規制するよう求める起草原案が提出された。民主党のSylviaGarcia議員により下院金融サービス委員会に提出され、現地時間22日に…

投稿者:幸田直子 投稿日時:

仮想通貨規制の国際統一化 仏中銀幹部、グローバル規制の必要性を強調

仮想通貨の課題への取り組みフランス銀行(仏中央銀行)の幹部DenisBeau氏が、仮想通貨にはグローバルな規制が必要だと説明。その考えの根拠や中央銀行が発行するデジタル通貨への見解を語った。仮想通貨の課題フランス銀行(仏中央銀行)の幹部De…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

米コインベースがアイルランドでの電子マネー業務の認可を取得 欧州業務拡大に

アイルランドでの電子マネー業務の認可を取得仮想通貨取引所コインベースがアイルランドでの電子マネー業務の認可を取得した。ブレグジットがもたらし得る状況に備えた新たなライセンスは欧州での持続的サービスの提供を可能に。アイルランドでの電子マネー業…

投稿者:a.sakamoto 投稿日時:

米CFTC・SEC・FinCEN 仮想通貨などについて異例の共同声明を発表

米規制機関が異例の共同声明米国主要金融規制機関の商品先物取引委員会、財務省金融犯罪取締ネットワーク、証券取引委員会は、仮想通貨を初めとするデジタル資産の市場参加者に対し、共同声明を発表。AMLやテロ資金供与防止の義務を伝えることが目的。米規…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

ナスダック・CME・ICEら 英個人向け仮想通貨デリバティブ禁止の方針撤回を勧告

国際取引所連行が英FCAに勧告国際取引所連合は英FCAに、個人投資家向けの仮想通貨デリバティブ取引を禁止しないよう勧告。市場はこれから成長していく市場だと説明、規制と技術革新のバランスを重視するよう伝えた。国際取引所連行がFCAに勧告国際取…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

金融庁、「仮想通貨等を投資対象とする金融商品」に否定的な改正案を公表

金融庁、暗号資産を投資対象とする金融商品に否定的金融庁は、金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針において「暗号資産などの非特定資産等を投資対象とする投資信託等の組成・販売が適当ではない」と公表した。ビットコインETFもこれに含まれる可能性…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

ブラジル証券委員会、同国内の投資会社にビットコインオプション取引停止を命じる

ブラジル証券委員会がサービス停止命令ブラジル証券委員会が、投資会社XMGlobalに対し、ビットコインのオプション取引を停止するよう警告した。同社は国内での営業許可を取得しておらず、ブラジル国民にもサービスの提供が許可されていない状態である…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

「米NYビットラインセンス」の廃止を求める訴訟、最高裁で審理へ

ビットライセンスの廃止を求める訴訟米国ニューヨーク州で仮想通貨取引交換業を行うための認可「ビットライセンス」の廃止を求める訴訟が、最高裁判所へ上告。以前からビットライセンスを批判する声は複数上がっている。ビットライセンスの廃止を求める訴訟米…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

中国が仮想通貨に軟化か 政府高官が肯定姿勢=政府認可のブロックチェーン会議

中国高官、仮想通貨に肯定的な姿勢上海で開催された政府公認のブロックチェーン会議で、中国政府の代表者は仮想通貨やリブラの可能性を肯定する発言を行った。政府の姿勢を軟化させる可能性に注目が集まっている。中国高官、仮想通貨に肯定的な姿勢中国は、仮…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

「インドが暗号資産業界を避けることは、大規模な頭脳流出を意味する」仮想通貨刑罰化法案に対し

xインドで「優秀な頭脳」の流出懸念インド拠点の仮想通貨取引所WazirX担当者は、インドで仮想通貨全面禁止法案が施行された場合、技術力としての優位性を失いかねず、大規模な雇用喪失と頭脳流出を意味するなどと言及した。「インドが暗号資産業界を避…

投稿者:Nakayasu 投稿日時:

FATF新基準へ準拠急がれる仮想通貨業界 2020年6月にも遵守状況のレビューを実施

FATFの新基準準拠へ「希望と現実」「金融活動作業部会(FATF)」が、6月にマネーロンダリングを防ぐ新たなルールを発表したことを受け、仮想通貨業界では遵守へ向けた対策が急がれている。ルール対応へ希望がある一方、現実レベルで多くの懸念点も生…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

「リブラもその他の仮想通貨も資金洗浄対策の仕組みが欠如」米財務省幹部が警告

米財務省幹部が規制遵守を強調米財務省の幹部が仮想通貨全般は米国の規制を遵守しなくてはならないと改めて警告。マネーロンダリングやテロ資金供与への対策を技術の設計に組み込むよう要求する。仮想通貨業界へ警告米財務省のテロ対策や金融情報を担当する部…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

金融庁、暗号資産の課題について議論するラウンドテーブルを開催 4つのテーマが公表

金融庁が第2回暗号資産ラウンドテーブルについて公表金融庁は、国際協調の新しい段階に向けて国内外の関係当局、国際機関間で議論や経験共有のための機会を提供。暗号資産に関する投資者保護及び市場の廉潔性に関する国際的な連携・協調など、4つのテーマが…

投稿者:t.tenporin 投稿日時:

「リブラに似ている」中国人民銀行のデジタル通貨構想、中央銀行高官が詳細を語る

中国中央銀行がリブラのような仮想通貨の開発を構想中国中央銀行高官が6日、政府の発行するデジタル通貨構想の詳細に言及。通貨の設計デザインは、フェイスブックが提案する仮想通貨Libra(リブラ)に似ていると明かしたことがわかった。中国政府が国内…

投稿者:Yonekura 投稿日時:

「銀行秘密法に基づく新たな金融機関を」仮想通貨規制整備で米国議会に新たな提案

米金融顧問企業が議会に提案米金融顧問企業が、仮想通貨業界を規制するために、米国議会は銀行秘密法の下で新たな金融機関を作るべきだと提案した。現状では、犯罪に加担するような企業を発見することが難しいと警鐘を鳴らした。米国での仮想通貨規制米金融顧…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

「1年で大きく変わった」ビットコインETF承認に自信を示すワケーBitwise CEO 最終判断は10月13日

ビットコインETF許可に強気10月13日にビットコインETFの最終可否判断を予定するビットワイズのCEOが、申請が許可されることに自信をのぞかせた。その理由と今後ETFが関わる仮想通貨市場の展望とは?ビットコインETF許可に強気ビットワイズ…

投稿者:幸田直子 投稿日時:

金融庁がキャッシュレス事業者へ集中検査を予定|相次ぐトラブルやFATF対日審査を意識か

キャッシュレス事業者に対する監督体制強化へ金融庁がキャッシュレス事業者数十社に対してセキュリティやマネロン対策を重点的に検査予定であることが判明。以前よりも多角的な検査から、相次いだトラブルやFATF対日審査を意識していることが伺える。キャ…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

米規制当局の在り方は、仮想通貨など新ビジネス育成環境の整備ーSECコミッショナー

米SEC理事、米国をブロックチェーン企業にとって魅力的な国することに意欲米SEC(証券取引委員会)理事Peirce氏は、米国をブロックチェーン企業にとって魅力的な国にしていくことに対して積極的な姿勢を強調。一方で当局として議論に時間を要する…

投稿者:Daiki.Goto 投稿日時:

FATF、対日審査スケジュールが10月28日~11月15日正式決定|仮想通貨市場にも大きな影響

FATF、対日審査スケジュールが正式決定金融活動作業部会(FATF)の日本審査の日程が、10月28日~11月15日の3週間にわたり行われることが正式に決定した。マネロン規制対象には仮想通貨交換業者も含まれ、日本の審査結果は20年夏に公表され…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

イラン政府、仮想通貨取引を認めない法案を成立|米経済制裁回避でマイニングは容認

イラン政府、仮想通貨による取引は認知しないとする法案を成立イラン政府は、国内における仮想通貨による取引を認めない、中央銀行はその価値を保証しない、とする法案を成立。一方で、経済制裁回避の目的でマイニング行為に関しては認める方針を明らかにした…

投稿者:Daiki.Goto 投稿日時:

韓国政府、釜山をブロックチェーン開発特区へ|規制のサンドボックスの導入を宣言

韓国、釜山をブロックチェーン特区へ韓国中央政府は先日、釜山をブロックチェーン開発特区とするため、同地域に規制のサンドボックス制度を導入するとの宣言を行なった。同政府はイノベーションを促進したい意向を示している。韓国、釜山をブロックチェーン特…

投稿者:a.sakamoto 投稿日時:

イラン政府が仮想通貨マイニングを認める決定,米経済制裁が影響か

イラン政府が仮想通貨マイニングを認める決定イラン政府は28日の閣議で、仮想通貨マイニングを産業として認める決定を下した。背景には米国の経済制裁による国内経済の不安定化などがあると見られている。イランで仮想通貨のマイニングが公式に許可される決…

投稿者:t.tenporin 投稿日時:

楽天の三木谷氏が代表理事を務める新経済連盟、「暗号資産に関する要望」を金融大臣に提出

ブロックチェーン市場で世界のトップランナーを目指すべき楽天の三木谷社長が代表理事を務める「新経済連盟」が、金融大臣に暗号資産に関する新たな要望を金融担当大臣らに提出した。日本は「ブロックチェーン市場で世界のトップランナーを目指すべき」と言及…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

どうなる?31日の米公聴会 仮想通貨規制に関する証言要旨が一部公開

米上院の公聴会でサークル社CEOが証言日本時間7月31日に開催される米上院の公聴会。冒頭証言の要旨が公開され、仮想通貨規制に関わる議論内容が一部判明した。米国における仮想通貨規制が前進するきっかけとなるか 米上院公聴会仮想通貨規制に関して、…

投稿者:幸田直子 投稿日時:

FATF新ガイダンスを受け、韓国の仮想通貨取引所4社がより厳格な銀行情報更新へ

FATFの新ガイダンスを受け、韓国の仮想通貨取引所4社が銀行情報更新へ韓国の大手仮想通貨取引所4社が、先月のFATFによる新ガイダンス発表に伴い、韓国国内の銀行から登録情報更新を要請されている。FATFの新ガイダンスを受け、韓国の仮想通貨取…

投稿者:鈴木あゆみ 投稿日時:

仮想通貨取引プラットフォームAbra、米国居住者向けにアルトコイン5通貨の取扱いを停止

Abraが米国居住者向けに複数アルトコインの取扱いを停止ビットコインを利用して金融商品に投資ができる仮想通貨プラットフォーム「Abra」が、米国居住者向けにシステム変更を行うことを発表。それに伴い複数アルトコインの取扱いが停止する。Abra…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

G7財務相・中銀総裁会議、「仮想通貨リブラなどステーブルコインも最高水準の金融規制を満たす必要性」

G7財務大臣・中央銀行総裁会議の議長総括金融庁が公表したG7財務大臣・中央銀行総裁会議の総括にて、リブラなどのステーブルコインを「金融システムの安定」や「消費者保護」の対策対象として、IMF世銀年次総会までに最終報告を出す方針が示された。G…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

米財務長官、米規制機関が近い将来「仮想通貨規制」を施行する可能性を示唆

米財務長官、規制機関の仮想通貨規制に言及米ムニューシン財務長官は規制機関が仮想通貨ルールの制定・施行する可能性について言及。なおビットコインの将来性には高い懐疑的な見解も示した。米財務長官、規制機関の仮想通貨規制に言及米StevenMnuc…

投稿者:菊谷ルイス 投稿日時:

「日本の仮想通貨税率は極めて高い」海外メディアが米、独、豪などと比較して苦言

海外メディア、日本の仮想通貨税制に苦言海外メディアMickeyが、世界各国の仮想通貨税制特集で日本の問題点を指摘した。株と同様の扱うアメリカ、長期保有で譲渡所得税が免除されるドイツ、長期保有で50%減税するオーストラリアなどと比較している。…

投稿者:a.sakamoto 投稿日時:

イラン、仮想通貨を正式な産業に認定|米国の経済制裁を受け態度を軟化か

イランでマイニングが正式な産業に認定イラン政府の経済委員会で、仮想通貨やビットコインマイニングが正式に産業として認められた。仮想通貨を受け入れることでの経済的な優位性に注目している。イランでマイニングが正式な産業に認定イラン政府の経済委員会…

投稿者:a.sakamoto 投稿日時:

浮き彫りになる米国の不透明な仮想通貨法整備|米仮想通貨取引所Poloniexが拠点を海外へ

浮き彫りになる米国の未成熟な法整備米仮想通貨企業Circleは、同社が運営する仮想通貨取引所「Poloniex」の拠点を海外へと移動する。有価証券問題など米国の定まらない規制がその一番の要因としている。浮き彫りになる米国の未成熟な法整備米仮…

投稿者:a.sakamoto 投稿日時:

禁止法案が不安視されるインド「ビットコインなど仮想通貨は違法ではない」財務大臣が議会で発言

インドでは仮想通貨は違法ではない現段階において、ビットコインなど仮想通貨の取引および保有がインドにおいて、違法ではないことが明らかに。インド財務大臣が連邦議会で言及を行った。インドでは仮想通貨は違法ではない現段階において、ビットコインなど仮…

投稿者:a.sakamoto 投稿日時:

G7議長声明、「仮想通貨ステーブルコイン」で主要な考慮すべき事項を特定

G7議長声明「ステーブルコインに関する作業グループ」G7議長声明では、規模の大きいテクノロジー企業や金融機関による新たなステーブルコインの取り組みは広く普及する可能性があると評価する一方、「最高水準の規制を満たし、社会的信認を得ることが求め…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

G7財務省会議「(仮想通貨)リブラ規制は早急に対応すべき」との見解で一致

G7「仮想通貨リブラの規制で早急な対応が必要」との見解で一致フランスで開催中のG7財務相・中央銀行総裁会議は、国家主権に関わる「通貨発行」に対する懸念があるとして米フェイスブックが計画する仮想通貨リブラについて議論を進め、規制面など早急な対…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時: