リップル社が米国の集団訴訟取下げを要求、XRP有価証券問題については直接回答せず

リップル裁判、集団訴訟の取下げを要求リップル社は、仮想通貨XRPの有価証券問題を巡る集団訴訟について、裁判の取下げを要求する書類を裁判所に提出した。弁護団の原告側に対する指摘と主張内容とは。           リップル裁判、集団訴訟の取下…

投稿者:菊谷ルイス 投稿日時:

アラブ銀行スイス、仮想通貨BTC,ETHの取引サービスとカストディ業務を開始

アラブ銀行スイス、仮想通貨取引開始富裕層へのサービスを提供するアラブ銀行スイスにて、仮想通貨ビットコインとイーサリアムのトレード及びカストディサービスの提供が開始された。スイスでは、大手銀行ジュリアス・ベアに続いて2行目となる。アラブ銀行ス…

投稿者:Noji 投稿日時:

米CMEのビットコイン先物出来高が直近4ヶ月で最低水準へ|Bakktローンチを控え

CMEのビットコイン先物の出来高が減少米デリバティブ大手取引所CMEが提供するビットコイン(BTC)先物の日足の出来高が、過去4ヶ月間での最低水準まで下落している。Bakktの先物提供開始が迫る中、機関投資家を中心に市場への注目が再び集まっ…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

イラン政府、過去2年間で”劇的に成長”する仮想通貨マイニング事業にて登録制を審議

イランが新たなマイニング規制を審議中イラン政府が、仮想通貨のマイニングに対する新しい規制を審議していることが分かった。法制化されれば、事業活動などの情報の提出が求められる上、マイニングライセンスの更新が毎年必要になる。イランのマイニング規制…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

ビットコイン(BTC)反騰要因に「アルゼンチン・プレミアム」イーサリアム市場も影響か

ビットコイン(BTC)市況乱高下する仮想通貨ビットコイン(BTC)反騰要因に、テクニカル観点のほか、南米で再び発生した「アルゼンチン・プレミアム」とイーサリアム市場の動向が取り沙汰されている。直近の仮想通貨市場を独自考察。仮想通貨市況米中貿…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

「米国の承認が得られるまでリブラはローンチしない」フェイスブック社CEOザッカーバーグ氏が強調

リブラのローンチには米規制当局の承認が必要フェイスブック社CEOのマーク・ザッカーバーグ氏が、米国の規制当局の承認が得られるまでは、仮想通貨リブラをローンチしないと発言。上院民主党議員との夕食会で「米国の承認」を重要視する姿勢を示した。リブ…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

リブラを含む仮想通貨の規制やETFに関する新たな公聴会、SEC長官らは9月24日に米下院へ

仮想通貨規制とリブラの新たな公聴会9月24日に、SECの長官らは米下院の金融サービス委員会が主催する仮想通貨規制とリブラに関する公聴会出席する予定だ。仮想通貨の有価証券問題やETF、リブラの規制などが討論される方向に。           …

投稿者:菊谷ルイス 投稿日時:

米コインベース、新たに17の仮想通貨上場を検討|正式ローンチ前の銘柄が多数

コインベース、17銘柄の上場を検討米大手仮想通貨取引所コインベースが、新たに17銘柄の上場を検討していることを発表。その多くは、正式にローンチしていない新しい銘柄だ。コインベース、17銘柄の上場を検討米大手仮想通貨取引所コインベースが、新た…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

「ビットコインがナスダックなどの大手取引所で取引されるにはさらなる規制が必要」米SEC長官が指摘

米SEC長官がビットコイン投資に言及米SECのJayClayton長官は、ビットコインがNasdaqやニューヨーク証券取引所で取引される場合の課題に言及。ビットコインETFの審査期限が来月に迫る中での発言に注目が集まった。SEC:ビットコイ…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

フィリピン:セブンイレブンから仮想通貨購入アプリへの資金チャージが可能に AbraとECPayが提携

フィリピンのセブンイレブンで仮想通貨購入APPへの入金が可能にAbraとECPayが提携、フィリピンのセブンイレブンなどから資金チャージをすることが可能になった。同国の購入需要を拡大する糸口になると見ている。フィリピンのセブンイレブンで仮想…

投稿者:t.tenporin 投稿日時:

「1ヶ月以内」バイナンス、中国人民元建て仮想通貨OTC取引サービス開始へ

バイナンス、中国で人民元建てのOTC取引サービスを「まもなく開始」バイナンスの創設者HeYi氏は上海のブロックチェーンイベントにて、中国市場での事業拡大の一環として、人民元建てのOTC取引サービスを間も無く開始すると明かした。       …

投稿者:菊谷ルイス 投稿日時:

通貨発行権は政府に バイナンスが明かす世界的仮想通貨計画「ヴィーナス」の戦略

「ヴィーナス」、リブラとの競争姿勢を明確化仮想通貨取引所バイナンスが新たに発表した独自通貨「ヴィーナス(Venus)」について、政府のコントロール化に置かれる仮想通貨とする方針を示していることがわかった。世界政府に訴えかける仮想通貨計画とは…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

ライトコイン財団、仮想通貨レンディングサービスで資産運用 財団運営資金捻出で

ライトコイン財団の資金運用ライトコイン財団が、資金運用に仮想通貨貸付サービスを活用。財団の資金捻出で、外部レンディングサービスを活用、報酬を運営費に当てる予定だ。資金運用に仮想通貨貸付サービスを活用ライトコイン財団が、利子付きの貸付サービス…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

110万BTCの所有権巡る裁判、敗訴したクレイグ・ライト氏が和解求め協議へ

ビットコインの財産所有権を巡る裁判が和解かビットコインのマイニングをして得た報酬の所有権を巡る訴訟で敗訴したクレイグ・ライト氏が、本裁判の和解に向けて協議を開始した。現在、拘束力のない和解に向けて、条件や詳細を詰めているという。30日の猶予…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

「現金から仮想通貨へ」大手銀INGが国際報告書 一般普及を阻むハードルに言及

大手銀行が仮想通貨に関する調査結果を発表大手銀行INGが『現金から仮想通貨へ:通貨改革』と題した仮想通貨レポートを発表。仮想通貨が普及するまでの障害を調査・説明した。仮想通貨に関する調査オランダの大手銀行INGが、「現在でも現金が最も人気が…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

独、ブロックチェーン戦略を閣議決定 リブラ含む並行通貨の発行禁止へ

並行通貨の発行禁止を内閣が決定ドイツ政府が、フェイスブック主導の仮想通貨リブラを含む並行通貨の発行を禁止することを閣議決定した。経済のデジタル化は推進するが、国家主権の中核となる通貨発行の役割を民間企業に託すことはないと説明している。ドイツ…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

北朝鮮、独自デジタル通貨を開発「ビットコインや仮想通貨に類似」

北朝鮮の独自仮想通貨北朝鮮政府は独自のデジタル通貨の開発に向けて動き出した。現在はまだ開発初期の段階だという。仮想通貨発行の目的は、他国の制裁や、米国主導の国際金融システムから逃れることだ。北朝鮮が独自仮想通貨を開発北朝鮮政府が独自の仮想通…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

中国・内モンゴル自治区の仮想通貨採掘事業、10月末までに操業停止へ 中央政府の命令を受け

10月までには内モンゴル自治区の仮想通貨マイニング排除に中国中央政府が10月末までに、内モンゴル自治区の仮想通貨マイニング業者の操業停止に向けて動き出したことが確認された。中国の国家発展改革委員会が4月に公開した「淘汰産業になる仮想通貨マイ…

投稿者:菊谷ルイス 投稿日時:

米CFTC、仮想通貨取引所コインベースの元幹部を市場監視部門トップに抜擢

米CFTCが新人事を発表米商品先物取引委員会(CFTC)が、市場監視部門のトップに、仮想通貨取引所コインベースの元幹部を任命した。デリバティブ商品のプラットフォーム管理や、ビットコイン先物のような新しい商品の査定を担当する。米CFTCがコイ…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

ビットコイン(BTC)で社食支払い、デロイト・ルクセンブルクがテスト開始

デロイト社内でビットコイン決済の試験的運用が開始デロイトのルクセンブルク支社において、スタッフの昼食における支払いをビットコインで行うトライアルが始まった。スタッフにビットコインのような新しい技術に触れる機会を提供することが有益に繋がると同…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

米国版バイナンス、ローンチ時はニューヨークなど13の州で利用できず

米国版バイナンス、サービスを開始する州が明らかにバイナンスの米国版取引所は18日のローンチに際し、13の州ではサービスの提供を行わないことが分かった。アクセスができない州には、ニューヨーク、テキサス、フロリダなどが含まれている。米国版バイナ…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

米大手銀「ウェルズファーゴ」 独自のデジタル通貨を発行へ|仮想通貨に該当せず

ウェルズファーゴ銀行が独自デジタル通貨導入を計画米ウェルズファーゴ銀が、分散台帳技術を用いた同社独自のデジタル通貨のリリースを計画していることを明らかに。パイロット版は2020年に予定されており、最初は米ドルの送金が計画されている。ウェルズ…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

世界最大手バイナンス、中国の仮想通貨メディア「火星財経」に戦略的出資

バイナンスが中国で初投資、仮想通貨メディア「火星財経」に出資最大手取引所バイナンスが、仮想通貨メディア「火星財経」へ出資したことが分かった。資金調達額は非開示だが、資金調達後の企業価値は2億ドルに達したとされる。バイナンスが中国で初投資、仮…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

触りづらいビットコイン今後の展望、トレーダー視点で考察|仮想通貨市況(寄稿:やがみ)

ビットコイン(BTC)市況触りづらい展開が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)、現在意識されているラインと、大局のトライアングルをブレイクした時のターゲットを予測。レンジが続くビットコインさて、触りづらい展開が続くビットコイン(BTC)ですが…

投稿者:【寄稿】Yagami 投稿日時:

米ロサンゼルスと米VC、賞金5万ドル以上の仮想通貨向けのスタートアップコンペを開催

LA市と米VC、賞金5万ドル以上の仮想通貨向けのスタートアップコンペを開催LA市と米ファンドのGMVが、最大級のブロックチェーンカンファレンスでスタートアップコンペを開催する。優勝チームには5万ドル(約540万円)以上の賞金を獲得できる。L…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

「インドが暗号資産業界を避けることは、大規模な頭脳流出を意味する」仮想通貨刑罰化法案に対し

xインドで「優秀な頭脳」の流出懸念インド拠点の仮想通貨取引所WazirX担当者は、インドで仮想通貨全面禁止法案が施行された場合、技術力としての優位性を失いかねず、大規模な雇用喪失と頭脳流出を意味するなどと言及した。「インドが暗号資産業界を避…

投稿者:Nakayasu 投稿日時:

乱高下するビットコイン市場、イーサリアムは反騰継続なるか|仮想通貨市況

ビットコイン(BTC)市況中東情勢の緊迫化に伴い、原油市場や株式市場で地政学リスクの高まりが警戒される中、仮想通貨市場ではビットコイン(BTC)が急落・急騰を繰り返している。一方、モナコイン、ネム、イーサリアムなど沈黙していたアルトコイン市…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

「リブラなどのステーブルコインにはリスクがある」欧州中央銀行理事が指摘

欧州中央銀行理事がステーブルコインのリスクを指摘欧州中央銀行理事はBIS会議で、ステーブルコインに潜むリスクを指摘。ステーブルコインである仮想通貨リブラが、規制当局の認可を得るのは難しいという見方を示した。ステーブルコインのリスク欧州中央銀…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

「リブラは国家の通貨主権を脅かすものではない」フェイスブック責任者が反論

責任者がリブラについて解釈フェイスブック社主導のリブラの担当責任者DavidMarcus氏が、リブラは国家の通貨主権を脅かすものではないと説明。現在の通貨を基にした決済手段であることを強調した。リブラの目的を説明米フェイスブックが主導する仮…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

仮想通貨EOS、9月23日に大型アップデート|メインネット後、初のハードフォークを予定

EOSがアップグレード実施9月23日に仮想通貨EOSが大型のアップグレードを行う。ハードフォークを伴う今回のアップグレード後は、ブロックチェーンの安定化とスケーラビィティの向上が見込まれている。EOSがハードフォーク仮想通貨EOSが9月23…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

「中国人民銀行のデジタル通貨は、人民元の国際的地位を高める」Circle社CEOが見解示す

「中国人民銀行のデジタル通貨は人民元の国際的地位を高める」Circle社CEOが見解を示す仮想通貨金融サービス企業、Circle社のCEOが、中国政府が新たに発行するデジタル人民元について、人民元が国際的な地位を高める動きに繋がるとする見解…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

米財務省、仮想通貨を標的とした北朝鮮のハッカー集団を制裁対象に

米財務省が北朝鮮のサイバー攻撃に対して声明を発表米財務省が、北朝鮮の3つのハッカー集団を制裁対象にすることを発表。これらのハッカー集団は、従来の金融機関等に加え、仮想通貨を扱う企業も攻撃の対象にしており、そこで集めた資金は北朝鮮の武器やミサ…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

ドイツ政府、仮想通貨リブラを含む「民間ステーブルコイン」を容認しない方針

ドイツ政府もリブラを認めない方針ドイツ連立与党は、フェイスブックのリブラを含む民間のステーブルコイン発行を認めない方針だ。同国は、民間の通貨が市場を支配することで政府の通貨主権が失われることを懸念している。ドイツ連立与党は、フェイスブックの…

投稿者:Yonekura 投稿日時:

仮想通貨ビットコインのハッシュレート高騰を受け、バイナンスCEOが強気の見解

急上昇したハッシュレート仮想通貨ビットコインのハッシュレートが前月比30%高騰したことを受け、バイナンスのCZ氏は「上げ相場を見込むマイナーによる『投資』を示唆している、この後どうなるかは自明だ。」などと強気姿勢を見せた。BTCハッシュレー…

投稿者:辻省吾 投稿日時:

リブラ協会幹部は強気姿勢を堅持「2020年のローンチ時期に変更はない」=仏Les Echos

リブラ協会幹部は強気姿勢を堅持リブラ協会のジェネラルディレクターが、Facebook主導の仮想通貨リブラの最新動向について、仏大手ニュースメディア「LesEchos」で語った。将来的には、欧州の他エリアやアジアにも拠点を構えることになると明…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

仏財務大臣、EUの仮想通貨ルール作りとパブリック・デジタル通貨の発行を呼びかけ

フランスの財務大臣ブルーノ・ル・メール氏はEU領域における仮想通貨ルール作りとEU内で利用する「パブリック・デジタル通貨」の発行を呼びかけている。フランス、EUのパブリック・デジタル通貨を呼びかけフランス政府はEU領域における仮想通貨ルール…

投稿者:菊谷ルイス 投稿日時:

ビットコイン(BTC)上昇要因か、採掘ハッシュレートが1億TH/sに迫る勢い|仮想通貨市況

ビットコイン(BTC)市況日米株式市場が再びリスクオンに傾きつつある中、仮想通貨ビットコイン(BTC)の採掘ハッシュレートは1億TH/sに迫る勢いにまで上昇、強気見通しを示唆している。難易度調整などの影響が買い要因となっているとの指摘も。ビ…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

米CME、ビットコイン先物の取引制限を2倍に引き上げ 増加するBTC先物需要に対応

米CME、ビットコイン先物の取引制限を倍に引き上げ米デリバティブ大手取引所CMEは、BTC月間先物の取引制限を2倍に引き上げる計画を明らかにした今年に入り取引高が増加傾向にあるビットコイン先物取引の成長に伴い取引制限の引き上げを行う。   …

投稿者:菊谷ルイス 投稿日時:

テザー社の3億USDT新規発行を巡る「矛盾」|チェーンスワップ後のバーン確認できず

テザー社がブロックチェーン移行米ドルステーブルコイン「USDT」の新規発行が確認。テザー社はチェーンスワップの過程で生じた3億USDTであり、総供給量に変更はないと発表したが、元のチェーンのトークンが破棄されていないとの指摘もあり矛盾が生じ…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

サンタンデール銀行、イーサリアムブロックチェーン上で22億円相当の債券を発行

イーサリアムブロックチェーン上で債券発行スペイン大手のサンタンデール銀行が、イーサリアムブロックチェーン上で約22億円相当の債券を発行。プロセスを全て自動化し、取引の高速化や効率化が期待されている。債券発行にブロックチェーンを活用スペインの…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

欧州中央銀行、量的緩和政策を再開すると発表|3年ぶりに預金金利の引き下げも実施

欧州中銀が景気減速対策欧州中央銀行が、昨年12月に打ち切ったばかりの量的緩和政策を再開すると発表。また、政策金利は据え置くが、預金金利をマイナス0.4%からマイナス0.5%に引き下げる。欧州中銀が金融緩和欧州中央銀行は、11月から毎月200…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

仮想通貨イーサリアムクラシック(ETC)の大型アップグレード、無事実装終了

イーサリアムクラシックの大型アップグレード、無事実装終了イーサリアムクラシック(ETC)の公式SNSによると、大型アップグレードAtlantis(アトランティス)が無事に実装された。新たな通貨に分裂したことは確認されず。          …

投稿者:菊谷ルイス 投稿日時:

「FATFのガイダンスに従えば、仮想通貨の悪用は激減」Bitfuryの調査ツールで分析

取引所間のビットコインの動きを分析仮想通貨取引所間でのビットコインのグローバルな流れについて、Bitfuryの調査ツールを用いて作成されたレポートが発表された。どこの国にあるのか不明な取引所数を算出するなど、FATFのガイドラインを視野に入…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

米大手仮想通貨取引所Bitfinex、「リーダーボード(トレーダー収益ランキング)」を公開へ

Bitfinex,トレーダーの収益ランキングを公開米大手仮想通貨取引所Bitfinex社は、トレード収益を任意で公開するトレーダーのランキング表(リーダーボード)を導入する。ランキングは、実現損益、売買高、未実現損益に分かれており、未実現損…

投稿者:Nakayasu 投稿日時:

イランの国家税務局、仮想通貨マイニング収益を条件付きで「免税」に

イランの国家税務局、条件付きで仮想通貨マイニング収益を免税イランの仮想通貨マイニング企業が海外での売り上げをイラン本国へ還流させる場合、非石油輸出者のような「免税」の対象になり得ることがわかった。イランの国家税務局、条件付きで仮想通貨マイニ…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

夏枯れ相場のビットコイン(BTC)、海外著名アナリストは8000ドル台までの落下を警戒|仮想通貨市況

ビットコイン(BTC)市況海外著名アナリストは「今後数日のうちに買い圧力が見られない場合」のBTC展望を予測、厳しい局面にあるとの見解を示した国内取引所も小康状態にある中、「米国版バイナンス」のローンチが18日に決定した。ビットコイン(BT…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

次は2021年 BTC採掘難易度から次回の市場成長期=仮想通貨研究者

仮想通貨研究者がビットコインの価格を予想ビットコイン(BTC)の採掘コストが市場を左右する一大要因とみる仮想通貨研究者は、次回の市場成長期は2021年に見据えている。過去の価格の動きと採掘難易度を組み合わせた予測を行なった。採掘難易度からビ…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

中国仮想通貨格付け上位銘柄、中国警察当局が事務所を差し押さえ|個人信用データの無断販売が原因か

中国仮想通貨格付けの上位ICOの事務所、警察が差し押さえ中国の仮想通貨格付けで上位にランクインする中華系ICOプロジェクト「GXChain」の事務所が中国の警察当局によって差し押さえられた。中国政府が導入した「社会信用システム」に関する個人…

投稿者:菊谷ルイス 投稿日時:

マスターカードとR3、ブロックチェーン基盤の新たな国際送金手段を開発へ

マスターカードとR3が国際送金業務で提携決済最大手のマスターカードと、企業向けブロックチェーン開発企業R3がパートナーシップを締結。国際送金に活用する新しいブロックチェーン技術を開発し、実証実験を行っていく。マスターカードとR3が提携決済最…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

FATF、仮想通貨リブラへの監視を強調 リブラ協会はスイス金融当局のライセンス申請へ

リブラ関連ニュース:FATF監視、FINMAライセンFATFは、フェイスブック社が主導する仮想通貨リブラの進展を注意深く監視していることを明らかにした。リブラ協会はスイス金融当局にライセンスの申請へ動き規制準拠へ向けて歩みを進めるという。リ…

投稿者:菊谷ルイス 投稿日時:

アムステルダム証券取引所トレーダー「ビットコインは天井ではなく、買い集め期間」

ビットコインは買い集め期間かアムステルダム証券取引所のトレーダーが、2020年5月に迎えるビットコインの半減期に向け、ビットコインが買い集め期間にあるとの見解を示した。Michael氏が現在のビットコイン相場に言及アムステルダム証券取引所の…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時: