バイナンス、カカオのブロックチェーン「クレイトン」のガバナンス評議会に参加

仮想通貨取引所バイナンスカカオのブロックチェーン参加韓国大手メッセンジャーアプリのカカオが手がけるブロックチェーン「クレイトン」のガバナンス評議会に、世界最大手仮想通貨取引所のバイナンスが加わった。韓国LGやPUBG,日本gumiなどと協働…

投稿者:Noji 投稿日時:

リップル社が新たなCMを放映か?

リップル社のCMが放映かリップル社の公式CMが新たに放映される可能性が浮上した。公式Youtubeで、ネット上で投稿された限定公開動画をCoinPost編集部が確認した。未だ一般的にリップル社が公開した情報では無いものの、情報ソースが公式で…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

G20 リブラ規制で合意 規制なしの発行認めず

G20、リブラ規制で合意米首都で開かれていた、G20の財務省中央銀行総裁会議が閉幕。フェイスブック社主導のリブラなど「グローバル・ステーブルコイン」には厳格な規制を設け、それがもたらし得る国際的なリスクに対応することができるまでは、発行を許…

投稿者:K.Utashima 投稿日時:

日本政府が閣議決定、政治家への仮想通貨・個人献金は「規制対象外」

日本政府、政治家への仮想通貨献金は「規制対象外」政府は18日の閣議で、政治資金規正法が禁じる政治家への個人献金について、仮想通貨は規制対象外だとする答弁書を閣議決定した。政治資金規正法で定める「金銭及び有価証券」に、暗号資産は該当しないとの…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

「仮想通貨XRPを通じた巨額出資は単なる金銭支援ではなかった」リップル幹部が語るXpringの展望

Xpringは、価値の移転を容易にする「お金のためのAWS」を目指すリップル社投資部門幹部は、Xpringとしての展望を通じてXRPを利用するエコシステムの構築に言及。XRPやXRPレジャーを使用して開発を行う企業への巨額出資は、単なる金銭…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

金融安定理事会がG20に向けた書籍公表「仮想通貨そのものよりもステーブルコインが脅威」

FSBがG20に提議G20財務相・中央銀行総裁会議が、米時間17〜18日に開催される。本会議では、仮想通貨・リブラを含む「グローバルなステーブルコイン」に関する議論が行われる見込みだ。会議に向けて、金融安定理事会(FSB)が書簡を公表。「リ…

投稿者:菊谷ルイス 投稿日時:

【速報】仮想通貨「NEM/XEM(ネム)」が急騰、国内大手Zaifがカタパルトトークンの付与を発表

Zaifがカタパルトトークン付与対応を発表仮想通貨取引所Zaifは17日、仮想通貨NEM(XEM)の大型アップデート”カタパルト”への対応方針について、XEM保有数量に応じて利用者のアカウントに”カタパルトトークン”の付与を発表。これを受け…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

「次回BTC半減期は価格上昇に繋がらない可能性」最大手マイニング企業CEOが読む仮想通貨業界今後の推移

半減期を期待しすぎるべきではない中国のマイニング大手ビットメインの共同設立者兼CEOであるJihanWu氏は、仮想通貨市場が周期的に動いていることを理由に、2020年と予想されている次回のBTCの半減期が強気市場につながらない可能性を指摘し…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

米CFTC・SEC・FinCEN 仮想通貨などについて異例の共同声明を発表

米規制機関が異例の共同声明米国主要金融規制機関の商品先物取引委員会、財務省金融犯罪取締ネットワーク、証券取引委員会は、仮想通貨を初めとするデジタル資産の市場参加者に対し、共同声明を発表。AMLやテロ資金供与防止の義務を伝えることが目的。米規…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

JVCEAが国内仮想通貨市場の最新データを公開 現物取引数量が過去最低・XRPを含めた保有数量増加

JVCEA、国内仮想通貨市場の最新データを公開JVCEA(日本仮想通貨交換業協会)は11日、仮想通貨交換業者18社の最新会員統計情報を公開(8月版)。国内で現物取引量が全体的に増加(最も増加したXRPは前月比で1億4500万増)、現物の取引…

投稿者:各務貴仁 投稿日時:

リップル社が世界的大手フィンテック企業と提携 「リップルネット」利用の相互利益を強化

リップル社が世界的大手フィンテック企業と提携リップル社が大手金融テクノロジー企業「Finastra」とのパートナーシップを発表。世界中の銀行等の金融機関に9千以上のクライアント企業を持つ同社との提携によって、リップルネットが更に拡大すると見…

投稿者:K.Utashima 投稿日時:

リブラをハードフォーク? フェイスブックらに依存しない仮想通貨を開発へ =Devcon 5

リブラをハードフォークへリブラをハードフォークする「オープンリブラ」計画がDEVCON5で公開された。リブラのオープンソースを利用し、FBに頼らないパーミッションレスかつリブラにペッグした仮想通貨の開発を行うという。リブラをハードフォークへ…

投稿者:a.sakamoto 投稿日時:

テザー社らに新たな集団訴訟 仮想通貨市場操作などで150兆円以上の被害を訴える

テザー社などに集団訴訟Bitfinexとテザー社などに対して集団訴訟を起こす文書が米国の地方裁判所に提出された。NYAG(NY州司法当局)が行なっている裁判に続き、新たな訴訟がNY州南部地区の地方裁判所で開始される。今回の裁判は、商品取引所…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

仮想通貨で政治家個人への献金、総務省の「合法判断」はなぜ?

仮想通貨で政治献金、総務省の「合法判断」はなぜ?総務省が、政治家個人への献金で仮想通貨を通じた献金は違法にならないとの見解を示した内容について、暗号資産取扱古物商協会設立を目指す岡部典孝氏が、合法になった経緯とその理由を解説した。記事修正:…

投稿者:各務貴仁 投稿日時:

仮想通貨テザーとALGOトークンが不正流出、アルゴキャピタルCTOの携帯端末がハッキング被害

テザーとALGOトークンが不正流出投資会社アルゴ・キャピタルCTOのスマホがハッキング被害を受け、管理下にあったホットウォレットから、USDTやALGOトークンなど1〜2億円相当が不正流出したことがわかった。テザーとALGOトークンが不正流…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

メキシコ関連の仮想通貨XRP(リップル)取引で違和感 xRapidの実利用が影響との見方も

メキシコ関連のXRP取引で違和感仮想通貨XRP(リップル)の取引を提供するメキシコの取引所Bitsoへのトランザクションや取引所における出来高増加が、xRapidにおける取引仲介に伴うものではないかとの指摘が行われている。出来高増加の報告を…

投稿者:各務貴仁 投稿日時:

最大5300億円が米ファンドから仮想通貨市場に流入か=融資サービス社調査

米ファンドマネーの仮想通貨市場への流入額クリプト融資サービスを提供するBlockFi社が、米機関投資家の仮想通貨産業への進出状況を示す調査報告書を発表。投資家やSECの仮想通貨に対する見解とスタンスに、劇的な変化があることが分かった。米ファ…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

「米ドルのデジタル通貨を発行する考えはあるか?」米国会議員がFRB議長を促す

米議員がFRB議長に質問状を送付米国議員2名が、連邦準備制度理事会のJeromePowell議長に、米ドルのデジタル版の発行を促す書簡を送付。フェイスブック主導のリブラの名も挙げ、現状に潜むリスクを指摘しながら6つの質問を行った。米議員がデ…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

テザー裁判:NY司法当局が裁判の引き伸ばしを懸念 財務書類を再び要求する文書を提出

テザー裁判の雲行き NY司法当局が裁判所に反論長引くテザー裁判を巡り、NYAG(NY州司法当局)が裁判所に新たな申し立てを行なった。捜査を加速させるためには、裁判所による財務書類作成・提出の命令を再び要求した。テザー裁判の雲行き NY司法当…

投稿者:菊谷ルイス 投稿日時:

仮想通貨リブラの事業計画表が初公開 メインネットローンチに必要な4つの目標点

リブラのロードマップ初公開「リブラ協会」は初めて仮想通貨リブラのロードマップを公開した。専用ウォレット「Calibra」のチームがメインネットローンチまでどのように関わっていくか、ノードの運営方法などが記載されている。リブラのロードマップ初…

投稿者:菊谷ルイス 投稿日時:

カリフォルニア版ビットライセンスに強い警戒感、大手仮想通貨関連企業を追い出すおそれ

カリフォルニア版「ビットライセンス」米カリフォルニアの新ライセンス法案を阻止するため、新たな仮想通貨擁護団体が誕生した。コインベースやRipple社が本拠を構える同州で、NY州のように大手仮想通貨企業を追い出す恐れがあると懸念している。カリ…

投稿者:幸田直子 投稿日時:

「1千万XRPをファンに配布」リップルCEOをうたう偽告知がツイッターで横行

リップルCEOをうたう偽告知がツイッターで横行リップル社CEOの公式ツイッターアカウントを装った「偽ツイッターアカウント」によるフィッシング告知が横行している。日本の大規模アカウントも標的となっているため、注意が必要だ。リップルCEOをうた…

投稿者:菊谷ルイス 投稿日時:

BTC市場の急落は健全? 3名の著名アナリストが読み解く仮想通貨市場

著名仮想通貨アナリスト3人の予想とはビットコインは9月24日わずか1時間で15%以上価格が急落し、低調な相場が続いている。著名仮想通貨アナリストらがこの相場をどう見るか、内容をまとめた。著名仮想通貨アナリスト3人の予想ビットコイン(BTC)…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

仮想通貨採掘者と採掘施設を繋ぐ「世界デジタルマイニング地図」 ビットメイン社が10月に始動

「世界デジタルマイニング地図」「ビットメイン」がマイナーとマイニングファームを結びつける世界初のグローバルネットワークの立ち上げを発表した。10月8日に正式にローンチする予定。           「世界デジタルマイニング地図」中国北京に本…

投稿者:幸田直子 投稿日時:

今後のBTC市場を読み解く、「採掘レート・半減期」仮想通貨特有要因に潜む裏事情

仮想通貨特有要因から見る今後の市場ビットコインマイニングや半減期、仮想通貨の特有要因の裏側。マイナーが要因となる暴落は再び来るのか、ハッシュレートや業者の動きから今後の展望を読み解く。仮想通貨特有要因から見る今後の市場低迷する仮想通貨市場に…

投稿者:各務貴仁 投稿日時:

トム・リー、仮想通貨市場(ビットコイン)暴落に米S&P500の影響を指摘

ビットコイン価格と米株式市場に相関関係か25日のビットコイン急落について、著名アナリストのトム・リー氏は、米株式市場と仮想通貨市場の相関性を指摘した。一方、市場関係者からは、この見解に懐疑的な意見も少なくない。ビットコイン市場と米株式市場2…

投稿者:a.sakamoto 投稿日時:

「現時点の量子コンピューターでは、ビットコインなどの暗号技術は破れない」専門家が言及

現段階の量子コンピュータはBTCを破壊できないか仮想通貨領域で驚異の一つとして挙げられる「量子コンピューター」。ある専門家は、Googleが実証実験を行なったプロトタイプでは、ビットコインの暗号技術を突破できないとの見解を示した。     …

投稿者:菊谷ルイス 投稿日時:

仮想通貨ビットコインの採掘ハッシュレート40%もの急落要因を探る、過去2年間で最大幅

マイニングハッシュレートが大幅下落ビットコインネットワークのハッシュレートが24日、一時40%近い大幅下落を記録。過去2年間で最大幅の急落となった。マイニングハッシュレートが大幅下落ビットコインネットワークのハッシュレートが24日、突如急落…

投稿者:各務貴仁 投稿日時:

Bakktのビットコイン先物「個人投資家」にも対応予定 半減期などで需要高まる公算

「楽天の目標は仮想通貨を利用した日常決済」「機関投資家向けの現物決済先物取引がいずれ個人投資家(リテール)にも対応する」BakktのCOOが明かした。長期的契約の提供で、ビットコイン半減期などに備えた先物利用が増加する公算を示した。    …

投稿者:菊谷ルイス 投稿日時:

今すぐ使える「4つのBTC投資戦略」 仮想通貨ファンドが機関投資家向けレポートで公開

ビットコインのパフォーマンスを凌ぐ4つの投資戦略仮想通貨ファンド「AdamantCapital」の設立者が、機関投資家に向けた4つのビットコイン(BTC)投資戦略を解説。アルトコインに関する見解や有効な指標に加え、避けるべき戦略なども説明し…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

中国が仮想通貨に軟化か 政府高官が肯定姿勢=政府認可のブロックチェーン会議

中国高官、仮想通貨に肯定的な姿勢上海で開催された政府公認のブロックチェーン会議で、中国政府の代表者は仮想通貨やリブラの可能性を肯定する発言を行った。政府の姿勢を軟化させる可能性に注目が集まっている。中国高官、仮想通貨に肯定的な姿勢中国は、仮…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時: