米CFTC前長官、ブロックチェーン利用のデジタル版米ドルの発行を提唱 米ドルの地位失墜を憂慮

CFTC前長官がデジタル通貨の発行を提唱米商品先物取引委員会(CFTC)の前委員長は、米ドルの地位が新たなデジタル通貨の誕生で失墜する可能性があると憂慮。対策案として、ブロックチェーン利用のデジタルUSDの発行を提唱した。CFTC前長官がデ…

投稿者:a.sakamoto 投稿日時:

仮想通貨規制の国際統一化 仏中銀幹部、グローバル規制の必要性を強調

仮想通貨の課題への取り組みフランス銀行(仏中央銀行)の幹部DenisBeau氏が、仮想通貨にはグローバルな規制が必要だと説明。その考えの根拠や中央銀行が発行するデジタル通貨への見解を語った。仮想通貨の課題フランス銀行(仏中央銀行)の幹部De…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

テレグラム、過去最大規模のICOでローンチ延期を計画 仮想通貨Gramで投資家に新たな提案

テレグラム 投資家にGramに関する提案人気コミュニケーションアプリ「テレグラム」は、独自発行のGramトークンの投資家に対して、Gramの交付とTONネットワークのローンチを延長する計画を伝えていることがわかった。Coindeskなどが入…

投稿者:菊谷ルイス 投稿日時:

ブラジル中銀の国際収支報告書に「ビットコイン」と「暗号資産」

ブラジル中銀の国際収支に仮想通貨が含まれるブラジル中央銀行が新たに公表した国際収支表に、ビットコインなど仮想通貨が含まれたことがわかった。南米市場は、事業拡大計画の一環で進出を果たした米リップル社をはじめ、業界からも注目度が高まっている。ブ…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

英中銀とスウェーデン中銀が仮想通貨リブラに肯定発言、国の事情で温度差も

英中銀、スウェーデン中銀の総裁 リブラについて温度差のある肯定感を示すイングランド銀行総裁とスウェーデンの中央銀行総裁が、異なるメディアでリブラに対して肯定的な意見を述べたが、両国の事情を反映する温度差も表している。スウェーデン中銀の姿勢イ…

投稿者:Nakayasu 投稿日時:

仮想通貨プロジェクト終了の真相、最多撤退理由は「投資家の無関心」=LongHash

中止になった仮想通貨プロジェクトの真相LongHashが仮想通貨プロジェクト終了の真相をCoinopsyのデータを元に分析。プロジェクトの終了理由は、開発の問題ではなく、投資家による無関心が原因であることがわかった。中止になったプロジェクト…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

ベネズエラの独自仮想通貨「ペトロ」、同国デパートなど約100店舗で取り扱いへ

ベネズエラの独自仮想通貨「ペトロ」 小売店約100店舗で取り扱いベネズエラ政府当局者の主張によれば、同国最大のデパートチェーンであるTrakiを発端に、独自仮想通貨「ペトロ」の受け入れ店舗が100店舗に拡大した。ベネズエラ独自通貨「ペトロ」…

投稿者:Nakayasu 投稿日時:

北朝鮮の仮想通貨ハッカー集団、macOSを標的にした新たなマルウェア作成か

ラザルスが新たなマルウェア作成か北朝鮮のハッカー集団「ラザルス・グループ」が、米アップル社のmacOSを標的にした新たなマルウェアを作成した可能性が浮上。ターゲットは仮想通貨の従業員であるとして、専門家は警告している。ラザルスが新たなマルウ…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

「BTCを知っている:67%」中国の131校を対象 仮想通貨・ブロックチェーン意識調査

中国の大学生に意識調査を実施中国の大学生を対象に、仮想通貨やブロックチェーンに関する意識調査を実施。実際に仮想通貨を所有している学生やブロックチェーン業界に就職したい学生の割合など、様々な数値が公表された。中国の大学生に意識調査を実施中国の…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

ビットコイン(BTC)価格反騰は「ブルトラップ」の可能性、著名仮想通貨アナリストが指摘

ビットコイン価格反騰は「ブルトラップ」の可能性アナリストによると、先週末のBTC価格反騰は「ブルトラップ」の可能性が高いという。2万ドル付近まで上昇する強気シナリオの可能性が高いとしつつも、その発動にはまだ価格を下げる必要があると主張した。…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

アダルトサイト履歴で金品要求 経由通貨がBTCからアルトコインへ? 背景と対策とは

フィッシング詐欺で経由される通貨がライトコインへ移行傾向架空のアダルト閲覧履歴を用いて金品を要求する「セクストーション」などで要求される通貨が、ビットコインからライトコインなど他の一般アルトコインへ移行傾向にある。その背景と、対策を電子メー…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

米コインベースがアイルランドでの電子マネー業務の認可を取得 欧州業務拡大に

アイルランドでの電子マネー業務の認可を取得仮想通貨取引所コインベースがアイルランドでの電子マネー業務の認可を取得した。ブレグジットがもたらし得る状況に備えた新たなライセンスは欧州での持続的サービスの提供を可能に。アイルランドでの電子マネー業…

投稿者:a.sakamoto 投稿日時:

英通信大手ボーダフォン CEO「リブラにはフェイスブックから独立したリーダーが必要」

フェイスブック社から独立したリーダーを要請リブラの創立メンバーとして参加を表明したVodafoneのCEOはプロジェクト成功のためには、リブラ協会にフェイスブック社から独立したリーダーの就任が必要だという意見を明かした。フェイスブック社から…

投稿者:K.Utashima 投稿日時:

日本銀行『プロジェクト・ステラ』、ブロックチェーンと決済インフラの未来探究の模様を公開

日本銀行決済機構局、「プロジェクト・ステラ」日本銀行決済機構局は、FIN/SUMのワークショップ「プロジェクト・ステラ:DLTと決済インフラの未来の探究」について、フェーズ3報告書とパネルディスカッション内容を公開した。日本銀行、「プロジェ…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

国際決済銀行 中央銀行デジタル通貨発行でスイス中央銀行と協業

中央銀行のデジタル通貨発行へ研究を推進欧州中央銀行など26カ国の中央銀行の役員からなる国際決済銀行(BIS)が、中央銀行のデジタル通貨発行に向けて、スイスの中央銀行と協業。分散型台帳技術の利用から実際の運営まで、実践的な研究を進める。中央銀…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

「今のビットコインは、仮想通貨バブル2017崩壊と類似」新値足チャートで海外アナリストが分析

現在のビットコイン相場、2017年末バブル崩壊時と類似著名仮想通貨アナリストが「ラインブレイクチャート(新値足)」を使って現在のBTC相場を考察。2017年末のバブル崩壊時との類似点について解説した。現在のビットコイン相場、2017年末バブ…

投稿者:Noji 投稿日時:

米リップル社、大学ブロックチェーン研究イニシアチブで年次大会を初開催

リップル社がイベントを開催リップル社が、大学ブロックチェーン研究イニシアチブの会議を主催。14か国、40校以上から200人の研究者や大学院生が一同に会し、学術的な観点からブロックチェーンや仮想通貨について議論した。リップル社がイベントを開催…

投稿者:K.Utashima 投稿日時:

「まさに赤い月」BTCとアルトコインの最新市場分析=Binanceリサーチ

バイナンスリサーチ仮想通貨取引所大手バイナンスのリサーチ部門、バイナンス・リサーチが仮想通貨市況を発表。今後は、アルト市場とBTCドミナンスに注意すべきとした。バイナンスリサーチ:市場概況9月中、大きな変動もなくほぼ横ばいだった仮想通貨相場…

投稿者:幸田直子 投稿日時:

大手仮想通貨取引所OKEx、グローバルな自主規制団体設立を計画

取引所主導の自主規制団体を計画大手仮想通貨取引所OKExが、業界内の政策やルールを標準化するため、グローバルな自主規制団体設立を計画していることが分かった。最終目標は「取引の経済圏を基にした非中央集権的なルール作り」だ。取引所主導の自主規制…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

ベネズエラで仮想通貨デビットカードが誕生 自国「ペトロ」やBTCに対応

ベネズエラに仮想通貨デビットカードが誕生ベネズエラの仮想通貨企業は初めて同国で利用できる仮想通貨デビットカードと店舗決済システムを導入した。高インフレ経済の中、同国は仮想通貨に新たな経済政策を見出そうとしている。ベネズエラに仮想通貨デビット…

投稿者:菊谷ルイス 投稿日時:

世界的な仮想通貨経済圏を保護 バイナンス、FATF規制対応へ

バイナンスのマネーロンダリング対策仮想通貨取引所バイナンスが、金融活動作業部会(FATF)が発表したマネーロンダリングに対するガイドラインに準拠するため、英仮想通貨分析企業と提携。最終的に仮想通貨の経済圏を守ることが目的としている。バイナン…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

証拠見せずハッキング被害訴えるブラジルの仮想通貨取引所、CEOがBTC大量保有か

ハッキング被害受けた取引所、CEOが大量のBTC保有かハッキング被害に遭ったと主張するブラジルの仮想通貨取引所のCEOが、大量のBTCを保有していた可能性が浮上。同取引所は以前より、盗難被害に遭った顧客への払い戻しは不可能と話している。ハッ…

投稿者:a.sakamoto 投稿日時:

米オハイオ州、米国初の「仮想通貨ビットコイン納税サービス」を停止

米オハイオ州、ビットコインでの納税サービスを停止米オハイオ州は、昨年から提供していた米国初の「ビットコイン納税サービス」について、同州法に違反する恐れがあるとして一時停止を発表した。米オハイオ州財務長官、ビットコインによる納税サービスを再考…

投稿者:Nakayasu 投稿日時:

リップル社Xpring、開発者向けのプラットフォームを公開 「価値のインターネット」の実現へ

開発者向けプラットフォームをローンチ米リップル社の投資部門「Xpring」が、開発者向けのプラットフォームをローンチ。XRPレジャーとインターレジャープロトコルを利用し、開発者がアプリに決済手段を取り入れる際の苦労や摩擦を解消することが狙い…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

テレグラム、独自ブロックチェーンTONを10月後半に予定通りローンチへ

テレグラム、独自ブロックチェーンを予定通りローンチかメッセージアプリ「テレグラム」の独自ブロックチェーンネットワークのローンチを予定している10月後半に向け、その準備が順調に進んでいることが分かった。テレグラム、独自ブロックチェーンを予定通…

投稿者:a.sakamoto 投稿日時:

ライトコイン財団が株主の独銀行、小売り向け「仮想通貨決済システム」の提供計画を発表

独銀行が仮想通貨決済サービスの提供を計画ライトコイン財団らが株主を務めるドイツの「WEG銀行」は、小売り向け仮想通貨決済システムの提供計画を発表した。店舗側は仮想通貨で取引を行い、銀行口座での法定通貨受取が可能となる。ドイツの銀行が小売り向…

投稿者:t.tenporin 投稿日時:

仮想通貨取引所バイナンスが「投票上場方式」を復活、対象通貨とBNBの配布も

バイナンスが投票上場方式を復活仮想通貨取引所バイナンスは、利用者による投票上場方式を復活させた。より高い票数のプロジェクトから、対象銘柄の通貨とBNB(バイナンスコイン)を入手できるインセンティブが用意される。バイナンスが投票上場方式を復活…

投稿者:菊谷ルイス 投稿日時:

バイナンスリサーチ、中国大型連休「国慶節」が仮想通貨ビットコイン市場に与える影響

中国「国慶節」がBTC市場に与える影響最大手仮想通貨取引所Binanceは、建国70周年を迎え祝賀ムードの中国の大型連休「国慶節」が、ビットコイン(BTC)など仮想通貨市場に及ぼす影響についてリサーチ、統計データを公開した。中国「国慶節」が…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時: