高校で「金融商品・資産形成」 22年度から新指導要領に追加

高校で「金融商品・資産形成」2022年度から実施される新指導要領は、家庭科の授業で「資産形成」の視点に触れるよう新たに規定したことがわかった。高等教育の中で、株式や債券、投資信託など基本的な金融商品の特徴を教える授業を盛り込むという。日経新…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

中国人民銀行「デジタル人民元の発行に”情報支配”の意図はない」

デジタル人民元発行で「国民支配の意図はない」中国の中央銀行中国人民銀行でデジタル通貨研究所の所長を務める穆長春所長は12日、発表されたデジタル人民元の構想は、中国国民の個人情報を支配する意図で発行するものではないとの見解を示した。中国では1…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

仏中銀、ブロックチェーン・仮想通貨の専門家を募集|デジタル通貨発行を模索か

仏中銀がブロックチェーン人材を募集フランス中央銀行が、同社の求人募集にてブロックチェーン人材を募集。デジタル通貨の発行などブロックチェーン・アプリ導入に関する調査を進める意向を示す。仏中銀がブロックチェーン人材を募集フランス中央銀行「Ban…

投稿者:a.sakamoto 投稿日時:

大手仮想通貨取引所バイナンス、13日午前11時から4-6時間のメンテ実施 取引停止などで注意

バイナンス、明日11時からシステムアップデート仮想通貨取引所バイナンスで日本時間13日午前11時からシステムアップデートが予定されている。アップデートには4~6時間を予定する。その間、現物取引も含めほぼ全ての機能が一時停止する。なお、先物取…

投稿者:Noji 投稿日時:

Tポイントアプリがリニューアル!PayPay連携をはじめ新機能が盛りだくさん!

株式会社Tポイント・ジャパンは、2019年11月11日にダウンロード数1,100万を突破した「Tポイントアプリ」を大幅リニューアルしました。 ワンタップでPayPayが立ち上がって、かんたんに決済できるようになり、Tポイントの利用・管理がより便利に! 他にもモバイルオーダーサービスで注文予約をして混雑する時間帯の利用も … Copyright © 2019 クレジットカードニュース編集部 All Rights Reserved….

投稿者:長通俊介 投稿日時:

JCBがインドネシア民間最大手銀行のバンク・セントラル・アジアにてJCBカードの発行を開始

日本唯一の国際カードブランドのJCBの、海外業務を行う子会社の株式会社ジェーシービー・インターナショナルは、インドネシアのジャカルタに本社を置く子会社のPT. JCB International Indonesiaを通して、2019年11月11日(月)からインドネシアの銀行のバンク・セントラル・アジア(以下BAC)とク … Copyright © 2019 クレジットカードニュース編集部 All Rights Reserved….

投稿者:sato 投稿日時:

シンガポール中銀、JPモルガンらとクロスボーダー決済の新システム開発

ブロックチェーンシステム、プロトタイプ開発シンガポール金融管理局(MAS)、シンガポール中央銀行、および投資銀行大手のJPモルガンはクロスボーダー決済のためのブロックチェーンを使用したシステムのプロトタイプを開発した。MASの発表によれば、…

投稿者:Noji 投稿日時:

中国国営新聞社『ビットコインはブロックチェーン最初の成功事例』 仮想通貨関連報道に変化か

中国国営新聞社『ビットコインはブロックチェーン最初の成功事例』中華人民共和国の国営通信社である新華社(しんかしゃ)が、『ビットコインはブロックチェーン技術で最初に成功したアプリケーションだ』と報じたことがわかった。SinoGlobalCap…

投稿者:各務貴仁 投稿日時:

中国『人民日報』、国策ブロックチェーンの巨大産業で「仮想通貨」の記述

中国人民日報で仮想通貨の記述中国共産党中央委員会の機関紙である「人民日報」は11日、ブロックチェーンの国内成長率に関する記事の中で、ブロックチェーン技術が可能にする多種多様なアプリケーションシナリオの一環として「仮想通貨」も含まれるとする文…

投稿者:各務貴仁 投稿日時:

急騰後の仮想通貨ビットコイン(BTC)市況、ドミナンスから見る今後の展望(寄稿:響)

ビットコイン(BTC)市況仮想通貨の著名トレーダー「響」氏が、急騰後のBTC相場展望を考察。チャート分析のほか、オプションやイーサリアム動向、ドミナンスを踏まえて最新の市況を読み解く。ビットコイン(BTC)テクニカル分析TradingVie…

投稿者:【寄稿】響 投稿日時:

世界初:チュニジア中央銀行がデジタル通貨を発行 露仮想通貨企業が技術提供

チュニジア中央銀行がデジタル通貨を発行大きな注目を集める中国はもとより、世界の多くの国々で中央銀行によるデジタル通貨(CBDC)発行の可能性が報じられる中、北アフリカのチュニジア共和国がCBDC発行の一番乗りとなったようだ。ロシアの国営通信…

投稿者:幸田直子 投稿日時:

キャッシュレス時代の新財布!持ち運び不要のスマートウォレットが上陸!?

キャッシュレス還元事業が始まり1ヵ月弱が経とうとしています。 変わるのは支払いだけじゃなく、財布だって時代に合わせて変化していかなければいけないと思いませんか? 身に着けるお財布というコンセプトのもと開発されたスマートウォレットがあります。その名は「Flash Wallet」(フラッシュウォレット)! ベルトに取りつけ … Copyright © 2019 クレジットカードニュース編集部 All Rights Reserved….

投稿者:高田育郎 投稿日時:

中国IT巨頭が香港の「仮想銀行」許可を取得 ブロックチェーン利用の「ネット銀行」に

テンセントが「バーチャルバンク」の開業免許を取得中国ネット大手のテンセントのブロックチェーンビジネス責任者のWeigeCai氏は香港当局から「バーチャルバンク(仮想銀行)」の開業免許を得た。「バーチャルバンク」とは実店舗を持たずに営業を行う…

投稿者:Yonekura 投稿日時:

日本の仮想通貨市場を左右する「金商法の解釈」 TaoTaoが提言書を解説

金商法適応「暗号資産の金商法適応と解釈次第で、問題が生じる可能性がある」そう答えるのは、TaoTao株式会社の取締役丸山顕義氏だ。改正金商法が施行される来年4月~6月以降、暗号資産を原資産としたデリバティブ取引が金商法の傘下となる流…

投稿者:各務貴仁 投稿日時:

コインチェック、XLMトークンバーンとの関係性を否定 新規上場仮想通貨関連で公式声明

コインチェック、ステラのトークンバーンとの関連性を否定仮想通貨取引所コインチェックは8日、自社で取り扱い開始を発表した仮想通貨ステラ(XLM)のトークンバーンについて、公式声明文を発表した。「事前に把握していた事実はなく、一切関連はない」と…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

「仮想通貨ステラを人々の役に立つものに」共同創業者ジェド・マケーレブが言及

ステラのカンファレンスが開催ステラのネットワークを利用した送金アプリを政府が認可しているメキシコで4〜5日、ステラのカンファレンスが行われた。参加者はおよそ350人。その大部分がステラを利用している。フェイスブックが主導する仮想通貨リブラの…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

ビットコイン(BTC)採掘難度調整で新たなシグナル、XRPは織り込み済みか|仮想通貨市況

ビットコイン採掘難度に新たなシグナルリップル(XRP)市場で投機筋の売り圧力が見られるなか、ビットコイン(BTC)も正念場に。7月以降の下落相場でも強気一辺倒だったマイニング状況に”とある変化”が見られ、投資家の注目を浴びている。ビットコイ…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

増税後のQRコード決済利用率が3倍増加!最も利用されているアプリはPayPayで利用率63.8%

株式会社インフキュリオン・グループは、2019年10月1日の消費税率の引き上げに伴い、キャッシュレス決済利用状況を調査しました。 2019年3月に同社が実施した「決済動向調査2019」と比較した結果、QRコード決済の利用率が3倍に拡大し、政府が推進する「キャッシュレス・消費者還元事業」によるキャッシュレス決済が浸透して … Copyright © 2019 クレジットカードニュース編集部 All Rights Reserved….

投稿者:sato 投稿日時:

カード決済でつみたて投資!証券サービス「セゾンポケット」がスタート

セゾンカード・UCカードをお持ちの方!つみたて投資がもっと身近になる新サービスがはじまりますよ~。 株式会社スマートプラスが、株式会社クレディセゾンと協業し、セゾンカード・UCカードで気軽につみたて投資が可能な証券サービス「セゾンポケット」を開発しました。 セゾンカード・UCカード会員を対象に、口座申込みを2019年1 … Copyright © 2019 クレジットカードニュース編集部 All Rights Reserved….

投稿者:長通俊介 投稿日時:

ロシア政府、仮想通貨の没収を認める法律制定へ|2021年末までの実現目指す

ロシアが仮想通貨没収へロシアの内務省が2021年12月までに、サイバー犯罪に対して仮想通貨の没収を認める法律の制定を目指すことが分かった。現地メディアRBCが7日に報じた。現在、ランサムウェア攻撃でシステム障害を引き起こし、その問題解決と引…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

音喜多議員、麻生大臣に「円建てステーブルコイン」の重要性について質疑

財政金融委員会で「ステーブルコイン」が議題に7日に開催された参院財政予算委員会にて、日本維新の会の音喜多駿議員の質疑に答える形で、金融庁と麻生大臣が仮想通貨(暗号資産)及びステーブルコインへの見解を示した。財政金融委員会で「ステーブルコイン…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

バイナンスCEO、規制対応や法定通貨とヴィーナスの関係について語る=コインデスクインタビュー

バイナンスCEOインタビュー仮想通貨取引所バイナンスのCEOがコインデスクのインタビューに応じ、規制対応や各政府との協力についての考え方、独自ステーブルコイン・ヴィーナスの普及方針について説明した。バイナンスは体制側に協力最大手取引所バイナ…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

中国へ旅行される方に朗報!電子マネー「アリペイ」が旅行客でも使えるように!

2019年11月5日、電子マネーアリペイ(Alipay)は、中国を訪れる海外旅行客がアリペイを通してモバイル決済を使用できる「ツアーパス(Tour Pass)」のサービスを開始しました。 中国は世界の中でもモバイル決済が非常に進んだ国なのはご存じでしたか? しかし、アリペイを利用するためには、中国の電話番号と銀行口座が … Copyright © 2019 クレジットカードニュース編集部 All Rights Reserved….

投稿者:高田育郎 投稿日時:

デジタル証券で少額投資可能に 三菱UFJ、セキュリティトークンの取引システム開発へ

三菱MUFGセキュリティトークンに手がける三菱UFJフィナンシャル・グループは、NTT、KDDI、三菱商事など大手21社の企業と共同で、セキュリティトークンを使った資金調達(STO)を研究、ルールづくりするコンソーシアムを立ち上げた。主導す…

投稿者:菊谷ルイス 投稿日時:

ブロックチェーンで健康管理 テックビューロHD、医療系プロジェクト「楽医」を始動

プロジェクト「楽医」が始動テックビューロホールディングス株式会社は7日、株式会社HealthCareGateと共にオンライン医療ソリューションの構築に向けた開発プロジェクト「楽医」を発足した。テックビューロ社開発のブロックチェーン構築プラッ…

投稿者:菊谷ルイス 投稿日時:

ウクライナ政府、仮想通貨導入政策でバイナンスと協力 規制と市場構築へ

バイナンスがウクライナに仮想通貨導入を協力最大手取引所バイナンスは、ウクライナ政府による仮想通貨導入・デジタル金融の政策に協力すると発表した。国内における仮想通貨・デジタル資産のステータスを共同で確立させるために、ウクライナの「デジタル改革…

投稿者:菊谷ルイス 投稿日時:

米コインベース 全米国ユーザーに対し仮想通貨テゾス(XTZ)のステーキングを解禁

米ユーザーにステーキングサービス提供大手仮想通貨取引所コインベースが、全ての米国ユーザーに対し、仮想通貨テゾス(XTZ)のステーキングサービスの提供を開放した。ニューヨークとハワイ州在住のユーザーは対象外だ。なお、今後より多くのステーキング…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

アジア仮想通貨市場に追い風か、香港金融庁が取引所のライセンスルール発表

香港金融庁の発表日本の金融庁に相当する香港証券先物委員会(SFC)は、取引所(取引プラットフォームも)やカストディ企業を含む仮想通貨関連事業のライセンスに関するルールを公表した。ルールでは、有価証券に該当しない仮想通貨と、それに当たるセキュ…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時:

北朝鮮、仮想通貨専門のハッカーを幼少期より育成する方針か=国連レポート

北朝鮮、仮想通貨専門ハッカーを幼少期より選抜、育成韓国系メディアなどが報じるところによると、北朝鮮は幼少期からIT技術に特化した人材を選抜し、仮想通貨のハッカーを育成しているという。北朝鮮、仮想通貨専門のハッカーを幼少期より育成か国連が新た…

投稿者:t.tenporin 投稿日時:

「デジタル法定通貨は”民間”で発行すべきだ」米コインベース最高法務責任者の発言

米コインベース法務責任者がデジタル法定通貨は民間が発行すべき米コインベースの最高法務責任者を務めるブライアン・ブルックス氏は、Fortune紙への寄稿で、米ドルのデジタル通貨を作る役目は民間が担うべきだとの見解を明らかにした。米コインベース…

投稿者:t.tenporin 投稿日時:

「中国デジタル通貨の保有者が、金利を受け取ることはない」中央銀行の開発責任者が発言

中国デジタル通貨の保有者は金利を受け取らない 中央銀行責任者の発言中国デジタル通貨の担当者が、デジタル通貨は既存通貨の代替手段であり、金利はないと発言を行った。中国デジタル通貨の保有者が金利を受け取ることはない中国人民銀行(PBoC)のデジ…

投稿者:t.tenporin 投稿日時:

カリブラ副社長が決意新たに「リブラ普及に時間は掛かるが、努力を続ける価値がある」

フェイスブック社の決意米フェイスブック社が主導する仮想通貨リブラは、ドイツをはじめとする欧州5カ国から発行を阻止しようとする動きが湧き上がるなど、逆風の嵐に晒されているようだが、フェイスブック社がこのプロジェクト遂行にかける決意は固いようだ…

投稿者:幸田直子 投稿日時:

中国のブロックチェーン英才教育、児童新聞「お日様少年報」に解説掲載

中国のブロックチェーン英才教育中国政府所有の児童を対象にした新聞「お日様少年報」に、ブロックチェーンの仕組みをわかりやすく解説した内容が掲載された。中国事情通のDoveyWan氏によるSNSで判明した。「素晴らしいブロックチェーンとは?」の…

投稿者:菊谷ルイス 投稿日時:

3つ質問に答えるだけ!「決済方法診断ツール」の提供を開始

消費税が増税した今、少しでも日々の生活品は費用を抑えたいですよね? チラシ・買い物情報サービス「トクバイ」を運営する株式会社ロコガイドは、あなたに1番の支払い方法を診断・おすすめする「決済方法診断ツール」の提供を11月5日(火)に開始しました。 普段の買い物の仕方やスマートフォンアプリの利用状況など、3つの簡単な質問に … Copyright © 2019 クレジットカードニュース編集部 All Rights Reserved….

投稿者:長通俊介 投稿日時:

証券監督者国際機構「仮想通貨ステーブルコインは、有価証券として規制可能だ」

ステーブルコインの規制証券監督者国際機構(IOSCO)が、米フェイスブック主導の仮想通貨リブラを初めとするステーブルコインの提案や発行は、既存の有価証券と同じ規制下で監督することができるとの見解を示した。IOSCOはスペインに本部を置く組織…

投稿者:CoinPost編集部 投稿日時: