健康が可視化された財産へ トークンエコノミーがもたらす本来のあり方 ~その4~

今回は、微量採血デバイスを開発する、株式会社マイクロブラッドサイエンス代表取締役の大竹氏の意見を交えた執筆記事になります。プロジェクト発足に至った背景、予防医療に関する課題や、トークンエコノミーをそこに取り入れることでどのように課題解決が図…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

健康が可視化された財産へ トークンエコノミーがもたらす本来のあり方 ~その3~

ブロックチェーンをベースとしたトークンエコノミーでは、従来のものとは全く異なる収益構造が生まれます。そして、それによって、ユーザーと企業との関係性にも変化が生まれることとなります。その変化は、社会や経済をどのような方向へ導いていくのでしょう…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

健康が可視化された財産へ トークンエコノミーがもたらす本来のあり方 ~その2~

ユーザーにトークンを積極的に使ってもらうような心理設計は、トークンエコノミーが回っていく上でとても重要な要素となります。では、健康が可視化されるトークンエコノミーでは、どのような仕組みをもってユーザーへその仕掛けをするのでしょうか。前回記事…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

健康が可視化された財産へ トークンエコノミーがもたらす本来のあり方

これまでの法定通貨の経済圏では出来なかった利害関係者に対して、正当な報酬が支払われることで新たに経済循環が生まれることがトークンエコノミーです。トークンエコノミーの一つとして「健康」を定量化し、誰からも見える個人のポートフォリオにする。そん…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

ビットコイン(BTC)価格反騰は「ブルトラップ」の可能性、著名仮想通貨アナリストが指摘

ビットコイン価格反騰は「ブルトラップ」の可能性アナリストによると、先週末のBTC価格反騰は「ブルトラップ」の可能性が高いという。2万ドル付近まで上昇する強気シナリオの可能性が高いとしつつも、その発動にはまだ価格を下げる必要があると主張した。…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

アダルトサイト履歴で金品要求 経由通貨がBTCからアルトコインへ? 背景と対策とは

フィッシング詐欺で経由される通貨がライトコインへ移行傾向架空のアダルト閲覧履歴を用いて金品を要求する「セクストーション」などで要求される通貨が、ビットコインからライトコインなど他の一般アルトコインへ移行傾向にある。その背景と、対策を電子メー…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

日米は偽出来高が最少、大手仮想通貨取引所間での「ウォッシュトレード対策」進む

日米は偽出来高が最も少ない仮想通貨取引分析を行うBITによると、今年1〜7月、上位40の取引所での水増し取引高が約36%減少していること判明。ただし、BTC取引高の約半分は今も偽装であるとも指摘している。日米は偽出来高が最も少ない仮想通貨取…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

今すぐ使える「4つのBTC投資戦略」 仮想通貨ファンドが機関投資家向けレポートで公開

ビットコインのパフォーマンスを凌ぐ4つの投資戦略仮想通貨ファンド「AdamantCapital」の設立者が、機関投資家に向けた4つのビットコイン(BTC)投資戦略を解説。アルトコインに関する見解や有効な指標に加え、避けるべき戦略なども説明し…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

暗号資産と法定通貨、そしてリブラそれぞれの強みとは? 通貨競争今後の展開を予想

フェイスブックの「リブラ」の登場は、暗号資産、そして法定通貨に対する宣戦布告に値します。その競争の中で暗号資産が求められるもの、またそこにおけるリブラの強みとは。それに対する見解も含めて、暗号資産にリブラ、法定通貨それぞれの立ち位置について…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

「銀行ネットーワーク」のようなカストディが、新たなセキュリティのソリューション|DMM Bitcoinコラム(セキュリティ編)

業界全体でセキュリティを高める施策の1つに「銀行ネットワーク」のようなカストディの設立があります。これは本来のカストディの機能に加えて、業者間の清算的なものを一手に引き受けるような機関です。なぜその存在が安全性の向上に繋がるのか、またどのよ…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

ビットコインキャッシュが11月15日頃にハードフォークを予定、シュノア署名の拡張などアップデート

ビットコインキャッシュが11月にハードフォークを予定BitcoinABCは、ビットコインキャッシュが11月15日頃に新たなハードフォークを予定していることを発表した。シュノア署名の使用可能範囲とトランザクションセキュリティの向上が主なアップ…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

バイナンスのKYC情報漏洩疑惑、一部は外部業者から流出と判明|VIPアカウント付与などで補償対応へ

バイナンスのKYC情報漏洩疑惑、一部は外部業者から流出と判明バイナンスのKYC情報の漏洩疑惑に関して、リークされた情報の一部は外部業者から流出していたことが判明。バイナンスは被害者に対しVIPアカウントを付与するなどして補償対応を進めている…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

仮想通貨の流出リスク、ヘッジとしての「保険」は機能し得るのか|DMM Bitcoinコラム(セキュリティ編)

仮想通貨の流出リスクへの対策として「保険」をかけるという方法も有り得ます。ただし私は、今はそれは現実的な方法ではないと思っています。なぜ実現可能性が低いのか、またカストディに対する保険への見解についても、本記事ではお話しします。前回の記事紹…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

米下院金融サービス委員会議長、リブラに対して”強力な”監視を続ける意向を表明

米下院金融サービス委員会議長がリブラへ強い警戒感示す米下院金融サービス委員会議長が今年度秋の委員会の優先事項を発表。その中でリブラへも言及し、「強く監視」していくと警戒の語気を強めて意向を示した。米下院金融サービス委員会議長がリブラへ強い警…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

金融庁の平成31年度税制改正要望が公表「仮想通貨への言及はなし」

金融庁の平成31年度税制改正要望が公表財務省に対して各省庁が翌年度以降の税制改正に求める事項をまとめた「税制改正要望」を金融庁が発表。今回は同要望における仮想通貨への言及はみられなかった。金融庁の平成31年度税制改正要望が公表>財務省に対し…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

DMM Bitcoin独自の防衛策、「ローテクノロジー」だから実現する高いセキュリティ|DMM Bitcoinコラム(セキュリティ編)

高いセキュリティの実現には、ハイテクな技術を用いることがベストな選択肢なのでしょうか。当社は必ずしもそうではないと考えています。なぜDMMBitcoinがローテクな手段にこだわるのか。そしてなぜそれがベストな手段であるのか。本記事で説明して…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

セキュリティに重要なのは「多様性」、安全管理の正しいアプローチとは|DMM Bitcoinコラム(セキュリティ編)

ハッキング等へのセキュリティ対策として、業界で画一的な基準を設けるべきとの意見もあります。しかし私たちはそれは却ってリスクを高める、危険な選択になり得るとみています。その中でDMMBitcoinが考える、業界が目指すべき本当のセキュリティと…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

「15万円のアマギフ」仮想通貨取引所騙る不審サイトで個人情報狙う JVCEAが注意喚起

BTCボックス騙る不審サイトに注意BTCボックスの代表者や住所を使用した不審サイトに対してJVCEAなどが注意喚起をしている。抜き取られた個人情報が振り込め詐欺などに悪用される可能性もあり警戒が必要だ。BTCボックス騙る不審サイトに注意現在…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

前回のビットコイン(BTC)下落時に大口クジラが「押し目買い」 Coinbaseの仮想通貨投資データを用いた指摘

クジラはビットコインを「押し目買い」の傾向Coinbaseが提供を開始した投資データから、先日のビットコイン価格下落時にトップ10%の大口投資家の多くが「購入」していたことが判明した。海外で投資シグナルとして話題になっている。クジラはビット…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

1.2兆円相当のビットコインを巡る裁判 クレイグ・ライト氏の訴訟取り下げ要求を裁判所が棄却

裁判所がクレイグ・ライト氏の申し立てを却下故クレイマン氏と共同でマイニングして得た110万BTC(1兆2000億円相当)を巡る訴訟で、クレイグ氏が行なっていた訴訟の取り下げ要求を裁判所が棄却した。裁判所がクレイグ・ライト氏の申し立てを却下ク…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

米国議会調査局、エネルギー部門でのブロックチェーン活用可能性を報告

米国議会調査局がエネルギー部門でのブロックチェーン活用可能性を報告米国議会調査局は、国家エネルギー部門でのブロックチェーンの潜在的な用途を詳述した報告書を発表。エネルギーシステムでのブロックチェーン統合やマイニングのエネルギー消費の現状、マ…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

テザーとの相関からみたビットコイン価格は2万ドル到達の可能性、著名仮想通貨アナリストが指摘

テザーの時価総額からみるとビットコイン価格は2万ドルの可能性著名アナリストFlibFlib氏の分析によると、テザー発行量との相関からみたビットコイン価格は2万ドルに達する可能性があるとの見解を示した。テザーからみるとビットコイン価格は2万ド…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

「仮想通貨イーサリアムクラシックは、冠を外した名称変更で時価総額上位になり得る」開発者が提案

イーサリアムクラシックの名称変更を開発者が提案イーサリアムクラシックの名称変更を開発者が提案した。あえて”イーサリアム”の冠を取り除くことで、ランキング上位になることも可能だという。統計的により高いリターンを生み出す…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

金融庁がキャッシュレス事業者へ集中検査を予定|相次ぐトラブルやFATF対日審査を意識か

キャッシュレス事業者に対する監督体制強化へ金融庁がキャッシュレス事業者数十社に対してセキュリティやマネロン対策を重点的に検査予定であることが判明。以前よりも多角的な検査から、相次いだトラブルやFATF対日審査を意識していることが伺える。キャ…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

「これまでとは違う」仮想通貨流出の背景、取引所トップが語る犯行の手口|DMM Bitcoinコラム(セキュリティ編)

7月に起きた某交換業者における仮想通貨流出事件。これはこれまでのハッキング事件とは性質が異なるものでした。どのような点でこれまでと違っていたのか、また私たちがそこから得た教訓とは。今回の記事ではそれらをテーマにお話しします。あの不正流出はこ…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

日本には「リノベーションのバランス」が必要、グローバルで勝つ戦略とは|Liquidコラム

これからトークンエコノミーはさらなる発展を遂げていくでしょう。そしてその中での「取引所」の存在意義はとても重要なものであり、業界の展望のカギを握っています。どうすることでこの業界をより魅力的なものにしていけるのか、また規制とイノベーションと…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

仮想通貨業界の今後に必要なものは「金融業界のコモンセンス」|DMM Bitcoinコラム(3)

法改正にともない、従来の金融業の枠組みへと位置していく仮想通貨交換業。そのように立場が変化していく中で、「金融業界のコモンセンス」が必要とされていきます。では、その「コモンセンス」とはどのようなもので、なぜ必要とされていくのか。業界へのDM…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

通貨に国家という発行体は必要か?その2 ~ツケ払いで回り続けた経済~

前回のコラムでは、国家あるいはそれに準ずる社会的信用のもつ発行体の存在が、必ずしも通貨の不可欠な要件ではないのでは?ということの問題提起、また事例紹介を行いました。前回の記事紹介平安時代末期からおよそ400年使用されていた「渡来銭」。実はこ…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

「お金を儲ける活力を再び」、経済再生にはモチベーションが必要|藤巻議員コラム(4)

日本経済の復活には、民間の「お金を儲ける活力」が重要となります。再びその活力を取り戻すのに必要なこととは。それと、日本でも最初のデリバティブトレーダーであった私が見る仮想通貨の今後は。今回の記事ではそれらについてお話しします。前回の記事紹介…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

「仮想通貨には夢がある」藤巻議員が語る魅力、そして政治家としての展望|藤巻議員コラム(3)

今回の記事では、私がなぜ仮想通貨やブロックチェーンに魅力を感じているのか。またそれらの役割として、注目している部分についてお話ししていきます。そして政治家としてどのように業界に関わっていくべきか、その考えを共有できたらと思います。前回の記事…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

仮想通貨減税で民間に活力を、日本経済復活のための改革|藤巻議員コラム(2)

                                                                                                                      現在…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

日本復活に必要な変革、「官主導」から「民」の経済へ|藤巻議員コラム(1)

ここ30年、日本経済の成長は世界でも最低水準で推移してます。その現状を打破するのに必要なこと、それは「民」が中心の経済です。日本の停滞の本質的な原因はどこにあるのか、またこれから我々が目指すべき方向とは。連載第1回目となる本記事では、それら…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

NHKスペシャル「欲望の貨幣論2019」が放送予定|仮想通貨やキャッシュレス化からみる新たな貨幣論

NHKスペシャル「欲望の貨幣論2019」が放送予定NHK「欲望の貨幣論2019」が7月14日に放送予定。「貨幣とは何か」、「その価値の根拠は」など貨幣の本質を、仮想通貨やキャッシュレス化の流れから探る異色のドキュメントとなっている。変化の中…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

お金も時間と共に価値を失えば、世界は良くなる(後編)|Freewillコラム

前半記事では、お金の仕組みが地球における諸課題の原因であることを説明しました。前回の記事紹介なぜ今のお金の仕組みが問題であるのか、過去の事例なども参考にしながら独自の視点から解説しています。お金も時間と共に価値を失えば、世界は良くなる(前編…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

国内取引所トップが見据える「アセットクラス」としての成長に必要なもの|DMM Bitcoinコラム2

仮想通貨が今後発展していくのに必要なものとは何でしょうか。その問いに対する答えとして、「アセットクラスとしての存在の確立」があります。また、そのような形で成長を遂げていくとなると、どのようなアプローチが必要となるのでしょうか。今回は、それら…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

お金も時間と共に価値を失えば、世界は良くなる(前編)|Freewillコラム

貧困や環境問題、世の中の様々な課題の根本原因が「お金の仕組み」にあるといったら、あなたはどのように思いますか?おかしな話に聞こえるでしょうか。本記事では、なぜ今のお金の仕組みが問題であるのか、過去の事例なども参考にしながら説明していきます。…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

フェイスブック独自通貨はビットコイン普及の起爆剤となるか|専門家が主張する根拠とは

専門家:フェイスブック独自通貨がビットコイン普及に繋がる世界有数の企業の高い関心も集めているフェイスブックの独自通貨が、長期的にはビットコイン普及を促進要因になると複数の専門家は考えている。ビットコインと「グローバルコイン」の違いを比較しつ…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時:

立て続けに起きる仮想通貨ウォレットの出口詐欺|数億円相当の被害報告も

立て続けに起きるウォレットの出口詐欺ウォレットサービスによる顧客資産の持ち逃げ、「出口詐欺」が、ここ最近で相次いで発生しており、被害者が数千人に上るとする事例もある。それらの解説に併せて、本記事ではその対策についても説明していく。消えたTo…

投稿者:Yuki Watanabe 投稿日時: