世界12ヶ国の企業幹部、8割がブロックチェーン技術導入を検討=デロイト調査

企業幹部はブロックチェーンを期待世界4大会計事務所の一つ、デロイトは、大企業の幹部がブロックチェーンについてどう考えているかに関する2019年の年次調査を実施した。調査対象となったのは12か国(米国、英国、アラブ首長国連邦、スイス、シンガポ…

投稿者:K.Utashima 投稿日時:

「仮想通貨収集で記念通貨をゲットせよ」世界初:リトアニア中銀が2020年に計画

世界初の中銀デジタル・コレクターコイン東欧リトアニアの中央銀行は、世界初の「デジタル・コレクターコイン」を発行する予定だ。9日のプレスリリースで発表した。デジタルトークンを収集することで、物理的な記念銀貨と交換できる仕組みを組み込む。中銀と…

投稿者:K.Utashima 投稿日時:

カザフスタン、仮想通貨マイニングは非課税に 規制関連法案を審議へ

カザフスタンが法案審議カザフスタン共和国が、仮想通貨の規制や課税に関する法案を検討。法案の内容で、マイニングに課税されない見通しであることがわかった。マイニングを技術的なプロセスとみなし、仮想通貨が法定通貨と交換されるまでは、課税の対象には…

投稿者:K.Utashima 投稿日時:

ビットコインの「ガチホアドレス数」19年も増加傾向 BTC市場乱高下の中

ビットコインの休眠推移1年以上もウォレットを離れていない休眠(ガチホ)状態にあるビットコイン(BTC)アドレスが依然といて増加傾向にあることがわかった。休眠するアドレスの数は、19年に入り急速な増加傾向を示している。ビットコイン分析情報を提…

投稿者:K.Utashima 投稿日時:

eToro、仮想通貨リブラの世界戦略変更を提案

eToro、リブラの戦略変更を提案大手オンライン投資仲介会社eToroのブロックチェーン研究者が、フェイスブック社はリブラの代わりに、第三者の提供するステーブルコインのサポートを使用すべきだと主張、リブラの世界戦略の変更を提案したことが分か…

投稿者:K.Utashima 投稿日時:

韓国、仮想通貨に明確な定義を定める法案を審議 仮想通貨投資を正当化へ

韓国が仮想通貨の法案を審議韓国の国会で、仮想通貨に法的ステータスを与える法案の審議が進められている。仮想通貨をデジタル資産として分類し、韓国の仮想通貨市場に明確で透明な規制をもたらすことを意図したこの法案は26日、国家政策委員会で可決された…

投稿者:K.Utashima 投稿日時:

JPモルガン、自動車ディーラー資金調達の管理ブロックチェーン技術の特許を出願

JPモルガンの新たな特許米メガバンクのJPモルガンは、貸借プロセスを効率化できる、分散型台帳ベースのフロアプラン資金調達の仕組みについて、特許を出願した。主に自動車業界の資金調達プロセスへ用いることを意図する。米国では、自動車ディーラーが在…

投稿者:K.Utashima 投稿日時:

BTCアドレスの取得価格から見る重要ライン 現在含み益の比率は?=仮想通貨分析企業

ビットコインアドレスの取得から見る重要ラインビットコイン(BTC)が下落し、半年ぶりの安値を付けているが、仮想通貨データを分析提供するIntoTheBlock社によると、急激な落ち込み・下落傾向にもかかわらず、ビットコインアドレスの54%で…

投稿者:K.Utashima 投稿日時:

韓国で仮想通貨の規制強化改正案 公平な取引所運営環境の整備や未登録取引所の刑罰を強化

韓国、未登録取引所は刑事罰対象に韓国の国会議会問題修正小委員会は21日、特別金融取引情報法の改正案を可決した。中小規模の取引所にも公平な運営体制を整える代わりに、未登録取引所への罰則を強化する。改正案は国会に提出される予定だ。この改正による…

投稿者:K.Utashima 投稿日時:

アジア証券会社団体「セキュリティトークンには、規制当局の支援が必要」

アジアの証券会社団体がSTO呼びかけアジア証券業金融市場協会(ASIFMA)が「セキュリティトークン-市場参加者および規制当局のロードマップ」というタイトルのレポートを発表した。ブロックチェーンベース証券の利点を説明し、規制当局にその採用を…

投稿者:K.Utashima 投稿日時:

JPモルガン、ブロックチェーンでデリバティブ取引時の担保送金を高速化

JPモルガンのブロックチェーン利用米メガバンクJPモルガンは、カリフォルニア州のフィンテック企業、バトンシステムズと協力し、デリバティブ取引用にブロックチェーン技術を取り入れ、キャッシュや担保の送金を高速で行うシステムを開発した。従来のシス…

投稿者:K.Utashima 投稿日時:

米仮想通貨大手三社、確定拠出年金と個人退職口座を提供へ BTCからアルトまで30銘柄に対応

大手三社、確定拠出年金と個人退職口座を提供へ米大手仮想通貨取引所コインベース、カストディ企業キングダムトラスト、オルタナティブ資産投資会社リーガルアセットの三社は連携して、仮想通貨ベースの個人退職口座(IRA)と確定拠出年金(401K口座)…

投稿者:K.Utashima 投稿日時:

2022年以降ビットコインは新段階へ、大手ファンドが仮想通貨の未来を予測

仮想通貨の未来を予測英大手仮想通貨ファンド「Coinshares」が、ビジネスや金融を取り巻く過去から現在までの状況を分析し、ビットコインの現在や将来について考察するレポートを発表した。「個人消費者」から「機関投資」へ主要なポイントとしては…

投稿者:K.Utashima 投稿日時:

世界的メッセンジャーアプリ「Telegram」独自トークンの 有価証券問題を巡りSECに新反論

テレグラムの新反論世界的メッセンジャーアプリTelegramは、独自トークンGramについて、違法に発行する「有価証券」だとする米SECの訴えに反論し、新しい申立書を提出した。テレグラムは今回、以下のように反論している。SECの主張は事実と…

投稿者:K.Utashima 投稿日時:

バーゼル銀行監督委員会、仮想通貨業界関係者との協議も視野に

仮想通貨のリスクへ対策国際規制組織バーゼル銀行監督委員会(BCBS)は、銀行など資本を貸付する機関が、仮想通貨の持つリスクに対応して、金融機関が保有しておくべき準備金の量を決定するために必要な手続きを進めていくことを明らかにした。また準備金…

投稿者:K.Utashima 投稿日時:

仮想通貨ネム(XEM)、カタパルト移行の最新情報を発表|一般ユーザーから意見も募集へ

ネム(NEM)、カタパルト移行の最新情報を発表ネム(NEM)のカタパルト移行に当たっての審議事項がネム財団フォーラムで発表された。スーパーノード保有者による推奨事項を公開しつつ、一般ユーザーによる投稿を受け付けている。ネム(NEM)、カタパ…

投稿者:K.Utashima 投稿日時:

中国の仮想通貨取引合法は間違い? 2日深夜、有識者らがツイッターで議論

中国の仮想通貨取引合法は間違い?中国で仮想通貨取引が合法化されるのではないかというツイートが流れ世界的に拡散が確認。事情通のDoveyWan氏らは、間違いである可能性が高いとして同内容を議論した。中国の仮想通貨取引合法は間違い?日本時間深夜…

投稿者:K.Utashima 投稿日時:

中国政府、ブロックチェーン教育動画25本を公開 仮想通貨BTC・ETHの内容も

中国政府、ブロックチェーン教育動画25本を公開中国共産党中央委員会広報部が、ブロックチェーン技術について教育する動画を公開。ビットコインやイーサリアムなどについても具体的な内容がアップされた。中国政府、ブロックチェーン教育動画25本を公開中…

投稿者:K.Utashima 投稿日時:

中国政府系シンクタンクが仮想通貨にも前向きな姿勢 ビットコイン採掘事業を推進

中国政府系シンクタンク、ビットコイン採掘事業を推進中国の政府系シンクタンクの会議で、中国四川省はさらにデジタル通貨(仮想通貨)関連産業としてマイニング事業等を推進し、尽力すべきとする提案が行われたことがわかった。開催地の四川省は、世界でも有…

投稿者:K.Utashima 投稿日時:

アルゼンチン、月200ドルの米ドル購入規制 ビットコイン取引高急上昇

アルゼンチンのビットコイン取引高が急増アルゼンチンは、個人が購入できる米ドルに毎月200ドル(約2万2千円)の上限を課すことになった。これを受け、購入制限のない外貨取得の手段として仮想通貨に注目が集まっているという。これは、27日の選挙で新…

投稿者:K.Utashima 投稿日時:

仮想通貨は貧富の格差を埋める施策で有効 富再分配で施策提案=ノボグラッツ氏

富の再分配手段米著名投資家のマイケル・ノボグラッツ氏が、富の不均衡を解決する手段として仮想通貨にポテンシャルがあると言及した。貧富の格差を無くす策に仮想通貨が有効であるとした。米メディアCNBCの番組で、来年の米大統領選で民主党指名候補を目…

投稿者:K.Utashima 投稿日時:

仮想通貨リブラ公聴会:リブラはデジタル人民元に対抗し、米主導権を保持する

リブラ公聴会フェイスブック社が主導する仮想通貨リブラについて、米下院金融サービス委員会の公聴会が開かれ、6時間以上にも及ぶ質疑応答が行われた。改めて規制準拠の姿勢を示したザッカーバーグ氏は、米国に反するプロジェクトではないとして、「フェイス…

投稿者:K.Utashima 投稿日時:

英個人向け仮想通貨デリバティブ禁止検討で記者会見 「最終決定はFCAの判断」

英FCAが管轄権を強調イギリス財務省の経済担当政務官ジョン・グレン氏は、金融行為規制機構(FCA)による個人向け仮想通貨デリバティブの禁止検討など、暗号資産に対する英国のこれからの取り組みについて記者会見を実施。「最終決定は、政府から独立し…

投稿者:K.Utashima 投稿日時:

G20 リブラ規制で合意 規制なしの発行認めず

G20、リブラ規制で合意米首都で開かれていた、G20の財務省中央銀行総裁会議が閉幕。フェイスブック社主導のリブラなど「グローバル・ステーブルコイン」には厳格な規制を設け、それがもたらし得る国際的なリスクに対応することができるまでは、発行を許…

投稿者:K.Utashima 投稿日時:

マイナス利回り債からの逃避先にビットコイン(BTC) 仮想通貨取引所Gemini創立者が注目

マイナス利回り債からの逃避先にBTC仮想通貨取引所Gemini創立者などが、マイナス利回り債券からの逃避先やキャッシュレス化によりビットコインの魅力は増すと注目している。マイナス利回り債からの逃避先にBTCBTC億万長者で、仮想通貨取引所G…

投稿者:K.Utashima 投稿日時:

英通信大手ボーダフォン CEO「リブラにはフェイスブックから独立したリーダーが必要」

フェイスブック社から独立したリーダーを要請リブラの創立メンバーとして参加を表明したVodafoneのCEOはプロジェクト成功のためには、リブラ協会にフェイスブック社から独立したリーダーの就任が必要だという意見を明かした。フェイスブック社から…

投稿者:K.Utashima 投稿日時:

リップル社が世界的大手フィンテック企業と提携 「リップルネット」利用の相互利益を強化

リップル社が世界的大手フィンテック企業と提携リップル社が大手金融テクノロジー企業「Finastra」とのパートナーシップを発表。世界中の銀行等の金融機関に9千以上のクライアント企業を持つ同社との提携によって、リップルネットが更に拡大すると見…

投稿者:K.Utashima 投稿日時:

米リップル社、大学ブロックチェーン研究イニシアチブで年次大会を初開催

リップル社がイベントを開催リップル社が、大学ブロックチェーン研究イニシアチブの会議を主催。14か国、40校以上から200人の研究者や大学院生が一同に会し、学術的な観点からブロックチェーンや仮想通貨について議論した。リップル社がイベントを開催…

投稿者:K.Utashima 投稿日時:

イーサリアム、Ropstenテストネットで一時チェーン分岐 イスタンブール起動時に発生

要約1イーサリアムのテストネットワークRopstenで、大型アップグレード「イスタンブール」が起動。予定より二日早かったことで、ソフトウェア更新をしていなかったマイナーの古いチェーンと最新のチェーンの二つに分割が一時発生した。イーサリアムの…

投稿者:K.Utashima 投稿日時: