ビットコイン相場巧者は売りポジションを撤収

※本コラムは2019年10月22日に公開されたものです。ビットコインマイナーのヘッジショートポジションと価格の関係10月19日前後、ビットコインの動向で幾つか気になるポイントがあったので、解説したいと思います。マイナー(と想定される)ポジシ…

投稿者:k.kamoda 投稿日時:

仮想通貨(暗号資産)による政治献金の税務上の取扱い

総務省が、仮想通貨(暗号資産)による政治家個人への献金は違法にならないという見解を示したことが各方面のメディアで話題になっています。この場合、政治家個人・政治団体の納税義務や、寄付を行った個人が寄付金控除を受けることができるかなど、税務上の…

投稿者:k.kamoda 投稿日時:

医療×ブロックチェーン適用事例のまとめ

はじめに医療のICT化とその課題医療にブロックチェーンを活用するメリット医療におけるブロックチェーンの活用事例まとめはじめに活動量を計測するウェアラブルデバイスの登場により、個人でも健康管理が可能になりました。ネットワークを介して健康・医療…

投稿者:k.kamoda 投稿日時:

Erlayでフルノードの通信負担を減らす

RaspberryPiのような廉価で小型なデバイスでもフルノードが問題なく動かせることは、ビットコインの大きな特徴で、その分散性に貢献していると言われています。ところが、フルノードを動かすのに必要な動作条件の中でも比較的厳しい条件が通信量で…

投稿者:k.kamoda 投稿日時:

信頼なくしては仮想通貨業界の発展はない、伝統金融に習うべき「責任感」|DMM Bitcionコラム

仮想通貨業界のあるべき姿として、伝統金融から見習うべき部分もあります。それをなくして業界が信頼を得ていくことは難しいでしょう。また市場の発展を考えるにあたって、業界全体でのセキュリティへの取り組みが必要です。ではそれは具体的にどのような取り…

投稿者:k.kamoda 投稿日時:

Libra(リブラ)普及のためにFacebook社がなすべき「複数値札表示」とは|小川健(Takeshi Ogawa) (専修大学・経済学部・准教授)

通貨バスケット型ステーブルコインLibraの発表現在の通販は通貨圏内別の表示お金の本来の役目に立ち返る複数値札表示義務化他の通貨圏でもLibraで表示されている意義Libraには「他にない」良さを活かして広げられる通貨バスケット型ステーブル…

投稿者:k.kamoda 投稿日時:

なぜ今ステーキングに注目するのか?ビットコイン研究所が語る今後の動向

ビットコイン研究所は、ビットコインを中心に仮想通貨の情報を専門的に扱う会員制の研究所です。2015年から日本でいち早く暗号通貨専門のサロンを運営し、最新の技術やトレンド、プロジェクトに関して網羅的で良質な情報を毎週発信、関連技術やトレンドの…

投稿者:k.kamoda 投稿日時:

ビットコインを壊すことは可能なのか? プロトコル破壊について検証|ビットコインプロトコルのセキュリティ編

本稿は、連載企画の8本目の記事です。前回の記事は以下からご覧ください。前回の記事紹介前回の記事では、トランザクションの改ざんが防がれている仕組み、「51%攻撃」の実現可能性について解説しました。トランザクションの改ざんはどう防がれている?「…

投稿者:k.kamoda 投稿日時:

トランザクションの改ざんはどう防がれている? 「51%攻撃」の可能性についても解説|ビットコインプロトコルのセキュリティ編(4)

本稿は、連載企画の7本目の記事です。前回の記事は以下からご覧ください。前回の記事紹介前回の記事では、秘密鍵がどのように盗まれてしまうのか、またセキュリティを高める技術「マルチシグ」の仕組みについて解説しました。「マルチシグ」で資産を守るその…

投稿者:k.kamoda 投稿日時:

「マルチシグ」で資産を守る その仕組みを分かりやすく解説|ビットコイン(BTC)プロトコルのセキュリティ編(3)

本稿は、コラム連載企画の6回目の記事です。前回の記事は以下からご覧ください。前回の記事紹介前回の記事では、ビットコインと銀行システムを比較しつつ、フィッシングやDNSハイジャックなど攻撃手法についての解説をしました。フィッシングやDNSハイ…

投稿者:k.kamoda 投稿日時:

仮想通貨ニュースサイト-CoinPost 2019-07-23 17:23:32

DMMBitcoinは7月10日からXRPの取り扱いを開始致しました。なぜこのタイミングでXRPを上場させたのか。次に上場する通貨はどのような通貨を上場させるのか、それらを主なテーマに今回はお話をしていきます。XRP取り扱い開始した裏側XR…

投稿者:k.kamoda 投稿日時:

フィッシングやDNSハイジャックの手法とは? 敵の手口を知って資産防衛|ビットコイン(BTC)プロトコルのセキュリティ編(2)

本稿は、コラム連載企画の5回目の記事です。前回の記事は以下からご覧ください。前回の記事紹介前回の記事では、ビットコインと銀行を比較した上での、トラストの有無で生じる差や攻撃への耐性について解説しています。銀行システムとはどのように違う?トラ…

投稿者:k.kamoda 投稿日時:

仮想通貨業界、今後発展していくのは分散型と中央集権のハイブリットモデル|Liquidコラム①

仮想通貨やブロックチェーンは、メインストリームの金融との距離が近づいていく中でどのような変化を遂げていくのでしょうか。今後は分散型と中央集権型のハイブリットなモデルが、金融において普及していくと私は考えています。また仮想通貨はさらに市場を拡…

投稿者:k.kamoda 投稿日時:

銀行システムとはどのように違う? トラストの有無と攻撃リスク|ビットコイン(BTC)プロトコルのセキュリティ編①

本稿は、コラム連載企画の4回目の記事です。前回の記事は以下からご覧ください。前回の記事紹介前回の記事では、ビットコインのマイニングとトランザクションの仕組み、どのように二重支払いを防止しているかについて解説しています。ビットコイン(BTC)…

投稿者:k.kamoda 投稿日時:

ビットコイン(BTC)安全性の確保と価値の担保の仕組み|仮想通貨プロトコルの概要編(3)

本稿は、コラム連載企画の3回目の記事です。前回の記事は以下からご覧ください。前回の記事紹介前回の記事では、ビットコインはどのようにデータが管理されているのか、マイニングの基礎知識からワークフローまで解説します。ビットコイン(BTC)ブロック…

投稿者:k.kamoda 投稿日時:

ビットコイン(BTC)の仕組みは昔の日本に存在した?~「渡来銭」からみるお金の本質と発行元の必要性~

ビットコインが誕生して10年が経ちました。暗号資産(いわゆる仮想通貨。以降、暗号資産で統一します)が通貨とみなせるのか様々な議論もあり、より本質的にそもそも通貨とは何なのか?といったことを私自身も考えることが多くなりました。私はビットコイン…

投稿者:k.kamoda 投稿日時:

ビットコイン(BTC)ブロックチェーンとマイニングの仕組み|仮想通貨プロトコルの概要編(2)

本稿は、コラム連載企画の2本目の記事です。前回の記事は以下からご覧ください。前回の記事紹介前回の記事では、なぜビットコインは非中央集権でネットワークが成り立っているのか、信頼を担保するビットコインのセキュリティ保護を解説します。ビットコイン…

投稿者:k.kamoda 投稿日時:

Bitcoinプロトコルの概要(1)|第1章

2018年5月、ボンベイのインド工科大学に所属するSaravananVijayakumaran氏がBitcoinプロトコルに関するセキュリティを論文にまとめました。今回は、その論文を紹介しつつ連載形式で少しずつ紐解き、Bitcoinのセキュ…

投稿者:k.kamoda 投稿日時: