引用元サイトはこちら

お金に困ったらキャリア決済枠を買取ってもらうことも選択肢として考えよう!

「お金に困っても他人の力は借りたくない!自分の力でどうにかしたい!」

「お金が必要でも金融業者には頼りたくない!」

お金がないときの金策で四苦八苦する人は後を絶ちません。

だからといって日払いのアルバイトや食費の節約をしたところでまとまったお金は用意できませんよね?

そんなときどうすればいいのか?

大手携帯キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)を使っている人ならキャリア決済現金化がおすすめです。

お使いの携帯電話に備わっているキャリア決済枠を買取ってもらう新しいサービス。

審査不要で誰でも手軽に利用できることから近年注目を集めているサービスですね。

そこで今回は、お金に困ったときの金策としてキャリア決済現金化をおすすめする理由、また、お金に困らない生活を送るために必要なことを詳しく解説していきます。

こちらの記事を今後の金策手段の参考にして頂けると幸いです。

お金に困った生活をする人の共通点について考えよう

お金に困った生活をする人には3つの共通点があります。

特に給料日前には毎回必ず金欠になってしまうという人は要チェック。

お金に困った生活をする人の共通点

自分が金欠になってしまう理由を分析してようやく改善への道が開けるのです。

お金に困る生活には必ず理由があり、その理由を見つけ対処することが今後の生活で金欠を避けるための金策になるとも言えます。

金欠とは自立した生活ができていないことを意味します。

成り立っていない生活を繰り返していれば、いつか必ず「限界」という行き詰まりの結果を迎えてしまうことを理解してください。

限界に達してしまうと金欠生活から抜け出すことはとても難しい状況になってしまうため、なるべく早い段階で軌道修正しなければせっかくの人生がつまらないものになってしまい、毎日の生活そのものを「辛い」と感じてしまうことの方が圧倒的に多くなるでしょう。

「もうどうにもならない」結果になる前に、生活改善をして自分の人生を守ってください。

お金に困った生活をする人の3つの共通点とは?

お金に困った生活をする人の3つの共通点について見ていきましょう。

もし少しでも当てはまると感じた場合、今すぐにでも改善する努力をしてください。

自分の収入を把握・管理できていない

お金に困る人の特徴で最も多いのが、「自分の使えるお金について理解できていない」ことです。

給料明細をきちんと確認することなく「だいたい」のどんぶり勘定で生活し、「今月はあといくら使えるのか?」「どの支払いがいくら残っているのか?」をきちんと考えられない、考えようとしない人が多いですね。

使えるお金には限りがあることを自覚しなければ、「贅沢したつもりはないのにいつも金欠」という生活から抜け出すことは難しいでしょう。

計画性がない

お金に対する計画性とは、毎月入る収入と支出のバランスが取れていない状態のことをいいます。

その場の雰囲気や感情でお金を出してしまう無計画な人ですね。

気も大きくなりがちなので、後から金欠になるかもしれないという薄っすらとした意識はあっても、「まぁ何とかなる!大丈夫!」とあまり深く考えないまま勝手に割り切ってしまうタイプです。

「使うべきお金」「使っても大丈夫なお金」「貯めるお金」、この3つをきちんと仕分けできなければ生涯金欠となる人生になってしまいます。

根拠のない自信を持っている

なぜかお金のない人は、お金がないことに対する危機感が薄い傾向にあります。

金欠にならない生活をしている人から見れば、「どうして焦らないの?」と不安になるくらいお金がないのに余裕のあるような生活をしがちなのも特徴です。

「もう1円もない、支払いできない、催促に追われる。」

このように極限まで追い詰められない限り、「何とかなる!」という根拠のない自信に溢れている人が多くみられます。

金欠に対する危機管理レベルを上げなければ、「金欠じゃない日常」とは無縁の生活を送ることになるでしょう。

お金に困る人困らない人の考え方の違いとは?

金欠で苦しい思いをする人もいれば収入が少ないのに金欠にならない人もいます。

同じ収入でもこのような差が生まれるのは何故なのでしょうか?

答えは「考え方の違い」です。

お金に困らない考え方

今現在お金に困るような生活をしている人でも、なぜか毎月金欠になってしまう場合でも、ちょっとした意識改革で金欠生活から抜け出すチャンスを掴むことができるんですよ。

そもそも金欠にならない人は、目先のことよりも先を見据えた考え方をします。

お金に困らないよう日常的に先を見ながら支出のバランスを調整し、金欠になったときでもその場しのぎの金策だけを考えるのではなく、翌月以降なるべく影響が出ないようにするための意識を持ちます。

収入には限りがあるため、「どうにかなる!」では「どうにもならないこともある!」という状況に繋がってしまう可能性も十分考えられますよね?

先々起こり得る状況までしっかり考える意識を持つことこそ、金欠を予防するための第一歩と言えるのです。

自分の生活に対する意識を少し変えるだけで今と状況が大きく変わる。

何も難しいことはありません。

考え方、意識の持ち方をほんの少し変えるだけで、これからの人生に大きな影響を与えることは間違いないのです。

お金に困ったときの一時的な解決策について

「給料日前」「急な出費」「何に使ったのか分からないけどお金がない」など、金欠で困ったときに一時的な解決策を探す行為は誰でも一度くらい経験があるものです。

しかしここで選択する金策方法を誤ってしまうと、さらなる金欠を引き起こしてしまう起爆材になったり、人間関係を壊してしまう要因にもなり兼ねませんので要注意。

自分に適した方法、無理のない方法、リスクの少ない方法を選択することが大切になってきます。

その場しのぎの一時的な金策だからこそ、「簡潔に終わる方法」「後の影響が少ない方法」を選ばなければ意味がありません。

一時的な金策としてよく考えられるもの、使われている手段とそのリスクについて解説していきますので、金欠になったときの参考にしてみてください。

一時的な金策として用いられる手段

一時的な金策として用いられる代表的な手段は次の6つ。

それでは詳しく見ていきましょう。

知り合いからの個人借入

お金に困ったとき真っ先に考えるのは、親兄弟、友人に頭を下げて借りることではないでしょうか?

一時的なものであれば快く貸してくれる可能性もありますが、一度借りれば必ず癖になって何度も借入をお願いするようになるケースは多いもの。

「金の切れ目が縁の切れ目」という言葉があるように、お金を人から借りる行為は信用問題に関わります。

親しかった人たちがだんだんと疎遠になる危険性もあるので注意が必要です。

金融業者からの借入

金融業者から一時的に借入する方法もありますが、金融業者での借入時には必ず審査があります。

「30分で審査完了!」などを謳い文句にしている広告をよく見かけますが、実際に30分で完了するような人は金融事故が一切なく、高収入の会社勤務の場合などの条件が付いてくる場合が多いです。

審査に数日時間がかかり、挙句の果てに審査NGになることも良くある話。

借入できたとしても利息は高額。

賢明な金策とは言い難いですね。

クレジットカードの活用

クレジットカードのキャッシング枠を金策として利用する人もいますが、高額な利息が付いてくるので考え物です。

またクレジットカードにキャッシング機能が付いていなければ、カード会社からの再審査を通過した上でようやく利用できる環境になります。

お金を手元に用意するまでに時間が掛かってしまうデメリットも出てきます。

臨時のアルバイト

日払いなどの短期アルバイトで臨時収入を稼いで金策しようと考える人もいます。

ただし日払いとなると毎日現金を手にすることができるため、貯めなければいけないはずのアルバイト代を即日使ってしまうリスクが出てきます。

「絶対に使わない!」という強い意志がなければ、何のためにアルバイトしたのか分からない状態に陥ってしまうケースもあるため注意が必要です。

質屋の利用

売れる物があるのであれば質屋を利用して金策する方法もあります。

しかしある程度まとまった金額を期待するにはそれなりの代物が必要。

高価な貴金属や未使用に近いハイブランド品でもない限り、二束三文、もしくは買取すらしてもらえない可能性もあり、質屋に行った時間だけが無駄になることもざらにあります。

日常生活費の節約

お金を作るために真っ先に考える節約は食費の制限でしょう。

食費は毎日の出費になるため、食事を我慢すれば手っ取り早くお金を用意することができます。

しかしそれは微々たるもの。

絶食でもしない限りまとまったお金を用意することは困難です。

絶食すれば体調にダイレクトに影響するため日常生活に支障をきたします。

体は資本なので体調を崩すような金策は元も子もない無謀な金策となるでしょう。

金策方法に対するデメリットを考える

一時的な金策にはいくつかの方法があり、それぞれにリスクが伴います。

お金がないところからお金を作ろうとするのですからリスクが伴うのは仕方のないこと。

しかしできることなら少しでもリスクを軽減して金策したいですよね?

今後の生活を立て直すための重要なポイントになるため、自分にとってよりリスクの少ない金策を選択しましょう。

キャリア決済枠を買取ってもらえる最新のサービス

お金がなくてどうしても困ったとき、一時的な金策の中でおすすめなのは「キャリア決済現金化」です。

ドコモ、au、ソフトバンクといった大手携帯キャリアを使っている。

また携帯電話料金の支払いに未納、延滞のない状態であれば、フリーター、主婦、無職の人でも審査といった面倒な手間をかけることなく、人に頭を下げることもなく、即日お金を用意することができます。

キャリア決済現金化

現金化したキャリア決済枠の支払いは翌月の携帯電話料金と合算請求になるため、支払いそのものを忘れることもなく、また高額な利息を心配する必要もありません。

人に知られることなく、かつ利用限度額の設定により使いすぎの心配もなし。

安心して一時的な金策をすることができます。

キャリア決済現金化というサービスを利用したことがない人も、今後起こりえる「万が一」のために予備の金策として準備しておくことも立派な金欠対策になるでしょう。

困ったときはぜひ活用してみてください。

本当に簡単で便利なサービスですよ。

お金に困る生活を卒業するために必要なこと

根本的な金欠対策は日常でのお金の使い方にあります。

日々の生活の中で毎月必要になるお金はある程度決まってくるのですが、人生には「急にお金が必要」となるタイミングも発生します。

そのため「今」のことだけを考えながら生計を立てるのではなく、「先」を見据えながら生計を立てることで毎日の生活に対する意識も変わってくるでしょう。

「何とかなる!」の意識ではいけません。

このような軽い気持ちでは必ず今まで通り金欠を繰り返します。

また一時的にお金を工面しなければいけない状況になっても、できるだけリスクが少なく返済スケジュールにも無理の生じない状況を作らなければ、一時的なピンチは慢性的なピンチに変わり、金欠生活をループするような危険性も考えられます。

もちろん「今」も大事ですが、常に「先」を見据えた考えを持ち、計画的なお金の使い方を日常的にできるよう心掛けていきましょう。

毎日のお金に対する意識の積み重ねこそ、お金に困る生活から卒業するために必要な大きな一歩となるのです。


クイックチェンジ編集部
クイックチェンジ編集部
クイックチェンジ編集部は、キャリア決済現金化に関するさまざまな知識、携帯電話のお役立ち情報をいち早くお伝えするために日々活動しています。


こちらの記事に対し、ご意見、ご要望など御座いましたらお問い合わせフォームより編集部までご連絡ください。お送り頂いた内容を確認した後、次回の更新時に反映させて頂きます。