引用元サイトはこちら

Bitstamp、ODLで瞬時入金

大手仮想通貨取引Bitstampの豪州ユーザーは、RippleのODL(旧xRapid)を通じて、オーストラリアドルを米ドルに換金し、米ドルを瞬時に入金することができるようになった。公式発表で判明した。

今回のサービスは、豪州の決済企業Flash FXが提供。Bitstampがオーストラリアドル建ての仮想通貨取引を提供していないため、豪州の利用者は米ドルもしくはユーロを入金する必要があるが、米仮想通貨取引所への即時入金が可能になった。

Flash FXのODL送金サービスで、オーストラリアドル⇨米ドルの為替を、XRPを介してリアルタイムで数秒以内に完成し、Bitstamp口座への米ドル入金は数分間で完結するという。

Flash FXは先月のRippleカンファレンス「Swell」に際し、新たにXRPを介す送金プロダクトODLを活用し、オーストラリアとフィリピン間の国際送金を提供すると発表した。

参考:Flash FX

CoinPostの注目記事

豪決済企業FlashFX、需要高いフィリピン向け送金でODL導入
オーストラリアの決済企業FlashFXは7日、新たにXRPを介す送金プロダクト「On-Demand Liquidity (ODL)」を活用し、オーストラリア・フィリピン間の国際送金を行うと発表した。今後も対象国を拡大していくという。
英決済企業TransferGo、仮想通貨XRP利用のODLを新規導入へ 「数分の送金も遅い時代が来る」
イギリスの決済企業TransferGoはRippleのODL(仮想通貨XRPを利用)を導入すると発表。もはや数分間の送金速度さえ遅い状況が来ると見ており、解決策としてODLを採用するという。