引用元サイトはこちら

米NBAキングス、ファン向け仮想通貨を発行
米プロバスケットボールチーム、NBAのサクラメント・キングスはブロックチェーン企業と提携し、2019-2020シーズンに向けてファン向けの独自仮想通貨を発行、報酬型プログラムを開始すると発表した。

米NBAキングス ファン向け仮想通貨を発行

先進的なプロスポーツチームとして知られる米NBAの「サクラメント・キングス」は、ブロックチェーン企業のBlockparty社と提携し、2019-2020シーズンに向けてファン向けの仮想通貨を発行し、報酬型プログラムを開始すると発表した。

この仮想通貨は、イーサリアム基盤のERC-20基準トークンとなる。発行日は、新シーズンの初試合日10月25日に予定される。

キングスは、Blockparty社との提携により、キングスファンのエンゲージメント及びキングスのアプリ「Golden 1 Center」のアプリ内の累積ポイントを追跡できるようにする。

キングスは今年始め、NBA初の予測ゲームアプリ「Call the Shot」を発表した。ファンがゲームをプレイする事により獲得したポイント数に応じて報酬リワードが与えられる仕組みだ。報酬用のトークンは譲渡不可能で取引はできないが、サイン入りグッズや観戦チケットを含む限定商品や、特別イベント招待券への交換が可能という。

Blockparty社CEOであるShiv Madan氏は、「私たちは、プロスポーツ界で最も技術革新にを取り組んでいるチームと協業し、NBAに最先端のブロックチェーン技術を導入出来る事に感動している。」と述べ、「キングスの熱心なファンに対するサービスに高い柔軟性をもたらす。他のNBAチームも我々に追随して来るだろう。」と、今後の展望を語った。

キングスは2014年、NBAチームとして初めてアリーナでのビットコイン払いを始めたほか、昨年にはプロスポーツチームとして初めて仮想通貨マイニングを始めるなど先進的な取り組みが反響を呼んでいる。NBAの他チームでは、「ダラス・マーベリックス」もビットコイン決済を導入している。

参考:NBA.com

CoinPostの注目記事

イーサリアム企業連合、ブロックチェーン仕様の新バージョン発表 「Devcon 5」で検証実施
イーサリアムブロックチェーンの企業利用を促進するイーサリアム企業連合が、標準仕様の新しいバージョンを発表。本日から11日までの4日間の日程で行われるイーサリアム開発者カンファレンス「Devcon 5」で、検証も実施する。
仮想通貨「最重要ファンダ」予定表:ビットコイン、リップル(XRP)、イーサリアム、ネム等【10/08更新】
仮想通貨市場価格に影響を与え得る様々な最新情報を随時更新。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。