引用元サイトはこちら

COMSA HUB

テックビューロ ホールディングス株式会社は、仮想通貨ICO総合プラットフォーム「COMSA」のソフトウェア開発事業「COMSA HUB」の製品版を3日に公開した。公式プレスリリースで判明。

COMSAはCOMSA HUBについて、「この製品はmijinブロックチェーンのライセンス所有者に提供され、パブリックブロックチェーン上の企業のマスターアカウントと内部の勘定との間で、仮想通貨残高の整合性をコントロールするソフトウェア」と説明する。

COMSA HUBを利用することで、パブリックチェーンで発行した仮想通貨を、mijinプライベートチェーンの内部勘定に容易に移せるという。仮想通貨・暗号資産残高の整合性が保証された環境で、「VRやゲーム等の様々な用途に活用することが可能になる」としている。

今年の4月にリリースしたテスト版で、COMSAはBTCブロックチェーンとmijinブロックチェーンを接続し、パブリックチェーン上のBTCとプライベートチェーン上のBTCトークン(BTC:mijin)を変換した。そして本公開に際し、デモアプリも併せて公開したという。

COMSAとは

実ビジネスにおけるブロックチェーン技術の導入を支援する「ICO総合プラットフォーム」

企業のICOによる資金調達と企業の持つ資産のトークン化技術、「mijin」による内部勘定技術をワンストップのソリューションとして提供する総合プラットフォームだという。

参考:COMSAプレスリリース

CoinPostの注目記事

ブロックチェーンで健康管理 テックビューロHD、医療系プロジェクト「楽医」を始動
テックビューロはHealthCareGateと共にオンライン医療ソリューションの構築に向けた開発プロジェクトを発足。テックビューロ社開発のブロックチェーン構築プラットフォーム「mijin Catapult(v.2)」を活用する。
テックビューロ ホールディングス、ネム財団との業務提携を発表|mijin CatapultはAWSに提供へ
テックビューロホールディングス社が海外マーケティング活動に関して「ネム財団」と提携した。Amazon Web Services(AWS)に対し、mijin Catapult(v.2)の提供準備を進めていることも明らかに。