引用元サイトはこちら

Huobiロシアの動き

大手仮想通貨取引所Huobi GlobalのロシアフランチャイズであるHuobi Russiaは新たにロシアの法定通貨ルーブルの預け入れとIEO(イニシャル・コイン・オファリング)のローンチパッドサービスを始めることをモスクワのイベントで発表した。CoinDeskなどが報じている。

報道によると、ユーザーはHuobi Russiaが許可を受けたウズベキスタンの銀行を介してルーブルを預けることができる。

また、ユーザーは新たに開始されるIEOプラットフォーム「Huobi Russia Origin」を利用できるようになり、それに伴って手数料の取引支払いなどに使うことができる独自の取引所通貨も新しく追加される見込みだ。

Huobi GlobalはすでにIEOプラットフォーム「Huobi Prime」のサービスをユーザーに対して提供しているが、「Huobi Russia Origin」はそれとは分離、独立した存在になるという。

同じくIEOプラットフォームサービスを提供する取引所バイナンスは先月よりロシアルーブルの取り扱いを開始しており、ロシア市場を巡っての両社のシェア争いの行方を注視していく必要がある。

参考:CoinDesk

CoinPostの注目記事

ロシア政府、仮想通貨の没収を認める法律制定へ|2021年末までの実現目指す
ロシアの内務省が2021年12月までに、サイバー犯罪に対して仮想通貨の没収を認める法律の制定を目指すことが分かった。仮想通貨の法定義、関係当局のウォレット作成などの準備を進める。
ロシア議会、仮想通貨法案の可決を秋に延期
ロシアの仮想通貨関連法案の可決が秋まで延期されることが、地元メディアの報道で明らかになった。延期の理由や今までの経緯から、ロシアにおける仮想通貨の法案整備の難しさが伺える。