引用元サイトはこちら

ビットコインの利益率
ビットコイン(BTC)が2019年第3四半期終了時点で、最も利益率の高い金融商品であることが、統計データから判明した。市場の成熟度やリクイディティから価格変動が大きく投資リスクは高い反面、騰落率に魅力を感じる一定の需要が見込まれるとの見解もある理由だ。

ビットコインの利益率

ビットコイン(BTC)が2019年第3四半期終了時点で、最も利益率の高い金融商品であることが、統計データから判明した。

2019年1月に1BTC=約41万円からスタートしたビットコインは、4月から上昇幅を拡大し、6月には今年最高値となる140万円付近に達した。その後は一旦の天井をつける形で戻り売りに転じ、第三四半期の最終日にあたる9月末には約89万円で取引されている。年初から9月までのデータから算出した利益率は約117%で、他の金融商品と比較して最も高い数値になったという。

ビットコインドミナンスが70%を超えるなど、アルトドレイン現象も伴う形でビットコインの強さが際立った2019年の仮想通貨市場、その騰落率は、BTCだけに目を向ければ、過去のバブル相場を彷彿とさせるとのコメントも相次いだ。

米中貿易摩擦や香港デモを初めとする情勢不安が起こる際、資産の避難先として再注目され、価格が急伸したゴールド(金)の利益率は16%となったという。仮想通貨以外の金融商品と比較したのが以下のグラフとなる。ビットコインにS&P500、ナスダック、石油、ゴールドの利益率を追加している。

米国株式市場の動向を示す株価指数S&P500などと比較すると、ビットコインとの変動率の差は大きく異なる。

ビットコインで見られるこの価格変動こそ、市場の成熟度やリクイディティで大きな差があることに起因するもので、投資商品としてのリスク性を示すものでもあるが、この変動率を魅力とする少額投資家などの需要も一定数あるとの見方がある理由だ。

CoinPostの関連記事

米グレースケール、機関投資家のアルトコイン投資増し Q2投資額が2倍に 
米グレースケール社は、Q2に総額約8500万ドルを調達し、そのうち84%を機関投資家から調達した。同社役員は、機関投資家が参入していないのは「作り話」に過ぎないと指摘。
「今のビットコインは、仮想通貨バブル2017崩壊と類似」新値足チャートで海外アナリストが分析
著名仮想通貨アナリストが「ラインブレイクチャート(新値足)」を使って現在のBTC相場を考察。2017年末のバブル崩壊時との類似点について解説した。