引用元サイトはこちら

仮想通貨銀行のIndex商品

スイスに本拠地に新たに設立された仮想通貨銀行「SEBA Bank AG」は、仮想通貨インデックス商品を新たに発売する。

インデックスの呼称は、SEBA Crypto Asset Select Index(SEBAX)で、機関投資家を対象とした商品になるという。

SEBAは最近、スイスの規制機関FINMAからライセンスを取得し、仮想通貨に基づく投資をクライアントに合法的に提供できるようになった。

SEBAの資産管理部門責任者 Daniel Kuehne氏は、「投資家に可能な限り最高のセキュリティを提供することで、安心して仮想通貨市場に参加していただきたい」とコメント。「当社の投資商品と専門知識により、デジタル資産という新たな可能性を従来金融業界で使われてきた馴染みのあるルールの中で、活用することができる」と語っている。

インデックスについて

同社ウェブサイトによると、新インデックスの方法論は、3つの重要な要素に基づいているという。

セレクション

インデックスは少なくとも5つの仮想通貨で構成され、常時継続的に監視される。安全性、技術的信頼性、取引の利便性に重点を置いて、構成要素を定性的に選択する。

割り当て

各資産のリスク割合を均等にするリスクパリティ戦略に基づいて、それぞれの構成通貨に最適な比率を割り当てる。一つの通貨への集中を制限し、最適な多様化を確立する。

リバランス

動的な目標割り当てに応じて、毎月通貨の比率バランスを調整する。リバランスは、定まった価格固定ルールに従って実行される。

現在、SEBAXインデックスには、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ステラ(XLM)、イーサリアムクラシック(ETC)が含まれている。

同インデックスの詳細な説明書によると構成通貨は毎月見直され、最大で8銘柄が組み込まれることになる。

またステーブルコインやプライバシーコインは除外される。単一銘柄がインデックスに占める割合は、最大50%、最低3%になるという。

SEBAの仮想通貨銀行サービスは今月、公式に企業や機関投資家を含むスイス国内顧客の口座開設受付を開始した。今年中に、国外顧客にも仮想通貨銀行のサービスを拡大する予定である。

SEBAは銀行業や証券業のライセンスを取得した上で、仮想通貨と法定通貨の交換サービスを新たな規制上で試みている企業であり、セキュリティリスクに晒されることないデジタル資産取引の環境構築を目指している。

SEBAの試みとしては他に、同社独自ウォレットアプリや世界各国約4200万の小売店で利用可能SEBAカードなどにより、顧客は法定通貨とビットコイン、イーサリアム、ステラなど5種類の仮想通貨を取引できるようになる予定だ。

参考:SEBA

CoinPostの注目記事

スイスで「仮想通貨銀行」が誕生 機関投資家含む顧客へ口座受付を開始
銀行ライセンスを取得したSEBAが仮想通貨銀行のサービスを開始。カードや伝統的な金融サービスも提供しており、それらが仮想通貨取引普及の糸口になると期待される。
スイス政府、ブロックチェーン普及拡大へ 9つの法律の改正を審議
スイスの連邦参事会が、ブロックチェーンとDLTに関する法律を変更する計画を発表した。連邦参事会を通過した内容を、2020年初めまでに議会が精査する予定。