引用元サイトはこちら

ノボグラッツ氏の投資戦略
米著名投資家マイケル・ノボグラッツ氏が投資ポートフォリオに入れる仮想通貨について投資戦略を語った。投資対象に入るアルトコインの特徴も述べた。

ノボグラッツ氏の投資戦略

米商業銀行Galaxy Digital社のCEOで米著名投資家マイケル・ノボグラッツ氏が「投資ポートフォリオの大部分はビットコインで占め、イーサリアムにも少し投資をしておくことが望ましい」とする独自仮想通貨投資戦略を語った。米メディアCNBCでのインタビューでの一幕だ。

注目されるこれ以外の通貨に対する注目ポイントも語った。

ノボグラッツ氏がここまでビットコインを推す理由には、これまでにも論じてきた「デジタルゴールド」としての利用価値がある。すでにビットコインは価値の保存手段として明確な地位を築き始めており、そのドミナンスの大きさも含めて、投資価値がある通貨に入ると説明した。

なお、短期的な値動きでは、一定のラインを割ることで下落する可能性もあると指摘するも、中期的な価格上昇は見込めるとしている。

一方、イーサリアム(ETH)も投資ポートフォリオにいれるべき通貨であると考えているという。

イーサリアムは、経済圏の主要なインフラとしての利用に大きなアドバテージがあると考えており、ブロックチェーン開発者のアプリ制作を活性化できる可能性には期待感が高いとした。イーサリアムは、本日より世界的な開発会議「DEVCON」が開催されており、イーサリアム関連での報道が多くなる1週間となりそうだ。

一方、XRP(リップル)を初めとする他の仮想通貨を今後中長期を見る投資を行う注目ポイントは、ユースケースが期待できるかであるとして、「アルトコイン投資家は、ニュースになるようなユースケースを期待できる銘柄に注目すべきだ」と語った。

その上で、イーサリアムに価値があるのは、そのブロックチェーンを活用することによって、様々なユースケースを生む可能性を持っているからだと述べた。

結論として、ポートフォリオの大部分はビットコインで占め、イーサリアムにも少し投資をしておくことが望ましいとの投資戦略に現時点では至るとしたノボグラッツ氏。他のアルト銘柄も今後の投資先としての可能性は十分にあると考えているという。

ノボグラッツ氏は、仮想通貨の利用価値を重視している。投資家だけではなく、開発者やプログラマーやエンジニアが協力して経済圏を活性化できれば、仮想通貨の価格も上昇するとまとめた。

CoinPostの関連記事

海外アナリストがビットコイン弱気シグナル再点灯を指摘、リップル(XRP)は逆行高
海外著名トレーダーらが、現在の仮想通貨市況と今後の相場分析を解説。ビットコイン(BTC)価格が大幅続落する中、以前まで連れ安していたリップル(XRP)が逆行高を見せるなど変化の兆しも。
「まさに赤い月」BTCとアルトコインの最新市場分析=Binanceリサーチ
仮想通貨取引所大手バイナンスのリサーチ部門、バイナンス・ リサーチが仮想通貨市況を発表。今後は、アルト市場とBTCドミナンスに注意すべきとした。